システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

富士通とYEデジタル、製造業に向けたSAP S/4HANAへの移行支援で協業

2022年3月15日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通とYE DIGITAL(YEデジタル)の2社は2022年3月15日、製造業のSAP S/4HANA移行支援で協業したと発表した。互いの技術やノウハウなどを持ち寄って、ユーザーのSAP S/4HANA移行プロジェクトを支援する。さらに、業種固有の機能などを付加して提供する。

 富士通とYEデジタルは、製造業に向けたSAP S/4HANAへの移行支援で協業した。互いの技術やノウハウなどを持ち寄って、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行プロジェクトを支援する。SAP S/4HANAの標準機能ではカバーしない業種固有の機能も、ニーズに合わせて構築して提供する。

 富士通は、BLUEFIELD型の移行手法(関連記事富士通、最短6カ月でSAP S/4HANAに移行できるツール「CrystalBridge」と移行サービスを提供)や、これまでのSIサービスで培ったノウハウ、PoC環境などを提供する。一方、YEデジタルは、製造業のコンサルティングノウハウやSAPデータ移行プロジェクトのノウハウ、技術支援を提供する。

 両社の強みを組み合わせて提供することで、システムの停止期間を限りなく短くしながらSAP S/4HANAに移行する。移行にともなう業務の見直しや、新たに必要となるシステムの導入など、ユーザーの現行業務における課題解決もあわせて支援する。

 さらに、AIやIoTなど最新技術を活用するためのデータ連携基盤「SAP BTP」も提供する。PoC支援のほか、富士通の製造業向け個別受注生産サービス「Fujitsu Application for SAP Solutions Mass Customization」のテンプレ-トをYEデジタルと共有する。これにより、SAP S/4HANAが搭載していない業種固有の付加機能を、SAP BTP上に構築して提供する。

関連キーワード

富士通 / YE DIGITAL / SAP S/4HANA

関連記事

Special

-PR-

富士通とYEデジタル、製造業に向けたSAP S/4HANAへの移行支援で協業富士通とYE DIGITAL(YEデジタル)の2社は2022年3月15日、製造業のSAP S/4HANA移行支援で協業したと発表した。互いの技術やノウハウなどを持ち寄って、ユーザーのSAP S/4HANA移行プロジェクトを支援する。さらに、業種固有の機能などを付加して提供する。

PAGE TOP