【Special】

ビジネス革新の礎はITサービスマネジメント

ツールの巧みな活用で先進企業が“続々”挑む運用業務の高度化

2015年2月26日(木)

ITサービスマネジメントの必要性を早期から訴求すると共に、実践するためのツール「LMIS」を提供してきたベンダーがビーエスピーだ。従来のオンプレミス版に加えてクラウド版もラインナップに加え、問題意識の高いユーザーに導入が進んでいる。プロダクト事業本部でITサービスマネジメント部部長を務める庄司憲氏に、昨今のトピックを中心に話を伺った(聞き手はIT Leaders 編集長、川上潤司) 【編集部注】本文中に「ビーエスピー」とある社名は取材当時のものです。2015年4月1日より「ユニリタ」に変更となっています。

ユーザーの課題にワンストップで応える体制が整う

競合製品もあるかと思いますが、貴社の強みを訴求するとしたら?

庄司:まずITサービスマネジメントに関わる課題にワンストップで応えられることが挙がります。例えばBSPグループ内には、ITILに精通するスタッフを抱えたコンサル会社があります。顧客の現場に赴き、現状のプロセスをツールにはめ込むのが正しいのかをきちんと整理することができます。それとは別に、ビジネスプロセスアウトソーシングを受けたり、サービスデスクのスタッフを派遣するといったことも手がけているので、顧客の実情を鑑みた上で、最適な提案をする体制が整っています。 

 サポート面でも優位性があると考えています。24時間365日のサポートかつ製品の開発元である当社のSEによる直接サポートという点は他社と異なる点だと思います。国産ベンダーとしてお客様に近い存在でいることを重視しています。

 製品の機能について主に評価をいただく点は、パフォーマンスとレポーティングです。日々利用いただくツールだからこそストレスなく利用いただけるパフォーマンスが重要となります。

 レポーティングについては、時系列分析や傾向分析といった今後の改善に向けたレポートや見えなくなりがちなベンダーの実績や進捗などを可視化するレポートなど、様々な観点で求められるレポートをお客様自身で作成いただくことが可能です。LMIS on cloudのレポート機能は、お客様の課題としてよく挙がる、月次の報告などに多くの工数を割いている、報告が上がるまで時間がかかるといった課題の解決に大きく貢献するでしょう。 

製品の強化を含めて、今後の計画についてお聞かせ下さい。

庄司:とにかく我々は、運用の現場に入り込んでいることが強みであり、そこで得られる実務担当者の悩みだったり、業務を高度化するアイデアだったりを基にして、製品のブラッシュアップを図っていくことが大きなミッションです。ITサービスマネジメントをシステム化するプロになることに徹したい。そのために、一社でも多くの企業に使って頂き、インタラクティブに情報交換しながら、細かいことの積み重ねで製品に磨きをかけていきたいと考えています。

◇ ◇ ◇

 LMISを大規模かつ本格的に活用する事例が増えている。その1社が、全日本空輸(ANA)グループのIT全般を支援するANAシステムズ。航空機の運航というミッションクリティカルな業務を支えるシステムの運用に「LMIS on cloud」を活用中だ。ITILバージョン3に基づく運用プロセス規定を整備する際、ダッシュボードやレポート等の可視化機能、スケーラビリティやパフォーマンス、本稼働までの早さといった点を総合的に評価して同サービスを選択した。その詳細が、キーパーソンへのインタビュー動画として以下にまとまっているので参照してほしい。

  また、ANAシステムズをはじめ、ドン・キホーテ、日清オイリオ、テレビ東京システム、三井不動産リアルティなど、様々な業界の先駆的事例をホワイトペーパーにまとめている。各社はどんな点に課題を感じ、LMISの活用でどう解決を図ったかを分かりやすく解説している。是非、ダウンロードして一読し、運用業務高度化に向けたヒントを得てほしい。 

関連キーワード

ユニリタ / ITサービスマネジメント

関連記事

Special

-PR-

ビジネス革新の礎はITサービスマネジメント [ 3/3 ] ITサービスマネジメントの必要性を早期から訴求すると共に、実践するためのツール「LMIS」を提供してきたベンダーがビーエスピーだ。従来のオンプレミス版に加えてクラウド版もラインナップに加え、問題意識の高いユーザーに導入が進んでいる。プロダクト事業本部でITサービスマネジメント部部長を務める庄司憲氏に、昨今のトピックを中心に話を伺った(聞き手はIT Leaders 編集長、川上潤司) 【編集部注】本文中に「ビーエスピー」とある社名は取材当時のものです。2015年4月1日より「ユニリタ」に変更となっています。

PAGE TOP