[新製品・サービス]

IIJ、サーバーの監視・復旧サービスに廉価版、サーバー1台あたり月額1万円

2019年10月1日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年10月1日、オンプレミスやクラウドのシステムを自動で監視・運用するサービスの廉価版「IIJ統合運用管理サービス(UOM) シンプルパック」を発表した。同日付で提供を開始した。システムの運用管理に必要となる監視項目を特化し、初期設定した状態で提供する。価格(税別)は、監視対象のサーバー1台あたり月額1万円。初期費用はサーバー1台あたり1万円で、1~4台の場合は5万円。

 IIJ統合運用管理サービスは、システム運用を行う中で発生する膨大なアラートを、フィルタリングし、タスク(チケット)を登録管理し、あらかじめ設けたルールに沿ってオペレーションを自動実行するサービスである(図1)。IIJがこれまで行っていたシステム運用管理のノウハウに基づいて開発した運用管理ツールを用いる。

図1:IIJ統合運用管理サービスの概要(出典:インターネットイニシアティブ)図1:IIJ統合運用管理サービスの概要(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 今回提供するシンプルパックは、システムの死活監視やログ監視など、主要な監視項目をパッケージ化し、初期設定した状態で提供するものである。短納期で利用を開始できる。システムの監視・運用にかかる設定が済んだ状態で提供し、オペレーションを無人化することにより、料金をサーバーあたり月額1万円に抑えている。

 特徴の1つは、監視項目をシンプルにしたことである。システムの「死活監視」、「リーソス監視」、「正常性確認」、「ログ監視」など、よく使う監視項目をテンプレート化し、IIJの監視モジュールでシステム監視を実施する。監視対象となるシステムへの初期設定はIIJが代行するため、ユーザー側での作業は不要で、短期間で導入できる。

 復旧作業も自動化した。アラートを検知した場合、事前に定めたルールに基づき、コマンドセットやスクリプトを実行する。これにより、プロセスの再起動やサーバー(OS)の再起動を自動で行う。アラートが上がると、電話またはメールで通知し、チケットとして自動起票する。これにより、ユーザーの負荷を軽減するとともに、迅速に初動対応をとれるようにしている。

関連記事

Special

-PR-

IIJ、サーバーの監視・復旧サービスに廉価版、サーバー1台あたり月額1万円インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年10月1日、オンプレミスやクラウドのシステムを自動で監視・運用するサービスの廉価版「IIJ統合運用管理サービス(UOM) シンプルパック」を発表した。同日付で提供を開始した。システムの運用管理に必要となる監視項目を特化し、初期設定した状態で提供する。価格(税別)は、監視対象のサーバー1台あたり月額1万円。初期費用はサーバー1台あたり1万円で、1~4台の場合は5万円。

PAGE TOP