[新製品・サービス]

エアトラスト、スマホを鍵にしてPCにログインする認証サービス「Universal Key」を提供

Bluetooth接続のスマホとPCにログイン情報を分散保存

2020年6月15日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本ユニシスとソフトバンクは2020年6月15日、スマホと秘密分散技術を活用したセキュリティサービスの知的財産ビジネスを行う新会社「エアトラスト株式会社」を同日付で設立したと発表した。第1弾のサービスとして、スマホを鍵にしてPCへのログイン認証ができるパスワード不要の認証サービス「Universal Key」のライセンスの提供を2020年8月から開始する。エアトラストは、Universal Keyのライセンスの提供によって、サービス開始から5年間で総額約38億円の売り上げを見込む。ソフトバンクは、このライセンスを活用した企業向けのPCログイン認証サービスを、8月から開始する。

 エアトラスト(記事末の表1)は、スマホと秘密分散技術を活用したセキュリティサービスの第1弾として、Universal Keyのライセンスをサービス事業者向けに提供する。Universal Keyは、スマホを鍵にしてPCのログイン認証ができる、パスワード不要の認証サービスである(図1)。

図1:「Universal Key」のサービスイメージ(出典:日本ユニシス、ソフトバンク)図1:「Universal Key」のサービスイメージ(出典:日本ユニシス、ソフトバンク)
拡大画像表示

 Universal Keyは、Windows PCのログイン情報(ID/パスワードやPINコード、生体認証のキーコードなど)を秘密分散方式でスマホとPCに分散保存しておき、ログイン時にスマホとPCをBluetoothで接続してログイン情報を復元するサービスである。スマホに対する生体認証をトリガーにログイン情報を復元し、これを使ってWindowsに自動でログインする。

 エンドユーザーは、IDやパスワードなどを手動で入力する必要がない。さらに、スマホとPCの両方が揃わなければログイン情報を復元できないため、安全性が保たれる。

 Windowsにログインしている間は、スマホとPCは常時Bluetoothで通信する。スマホとPCの距離が離れて通信できなくなると、PCを自動でロックする。これにより、離席時の情報漏えいリスクを減らしている。

 ログイン情報をスマホとPCに分散して持たせる仕組みとして、ZenmuTechの秘密分散技術を利用している(関連記事ZenmuTech、秘密分散型の情報漏洩対策ソフトを刷新、将来の外部デバイスの選択肢を拡大)。

表1:新会社の概要(出典:日本ユニシス、ソフトバンク)
会社名 エアトラスト株式会社
本社所在地 東京都江東区
事業開始日 2020年6月15日
代表者 代表取締役社長 内ヶ島 暢之(日本ユニシス株式会社 ストラテジックアライアンス)
資本金等 3億2000万円(資本準備金含む)
出資比率 日本ユニシス51%、ソフトバンク49%
従業員数 9人
主な事業内容 情報処理サービス業
コンピューター・ソフトウエアの開発、販売およびマーケティング
前各号に関連または付帯する一切の事業
ホームページ https://www.airtrust.co.jp/
関連キーワード

エアトラスト / 日本ユニシス / ソフトバンク

関連記事

Special

-PR-

エアトラスト、スマホを鍵にしてPCにログインする認証サービス「Universal Key」を提供日本ユニシスとソフトバンクは2020年6月15日、スマホと秘密分散技術を活用したセキュリティサービスの知的財産ビジネスを行う新会社「エアトラスト株式会社」を同日付で設立したと発表した。第1弾のサービスとして、スマホを鍵にしてPCへのログイン認証ができるパスワード不要の認証サービス「Universal Key」のライセンスの提供を2020年8月から開始する。エアトラストは、Universal Keyのライセンスの提供によって、サービス開始から5年間で総額約38億円の売り上げを見込む。ソフトバンクは、このライセンスを活用した企業向けのPCログイン認証サービスを、8月から開始する。

PAGE TOP