[事例ニュース]

中部テレコミュニケーション、スマホによるペーパーレス経費精算で経理業務をテレワーク化

2020年8月19日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

中部テレコミュニケーション(ctc)は、クラウド型の経費精算ドサービス「Spendia」を導入し、2020年4月に稼働させた。スマートフォン活用によるペーパーレス化とモバイル化によって、年間で約200時間程度の経理業務を削減できると見込む。システム構築を手がけたTISが同年8月19日に発表した。

 中部テレコミュニケーションは2018年、親会社のKDDIとERP基盤を統合した2020年4月のタイミングで、経費精算システムをクラウド型の経費精算サービス「Spendia」に刷新した。システム要件として、経費の申請から承認までをスマートフォンの操作で完結できることとと、ペーパーレス化できることを求めた。

 システム刷新の効果として、紙の領収書やレシートの提出が不要になり、社員は会社にいなくても経費申請できるようになった。離れた拠点の社員は、領収書などを郵送で経理部に送る手間が不要になり、審査完了までの時間が短くなった。経理部問は、自宅のテレワーク環境でも、スマートフォンやPCを利用して承認できるようになった。

 これに対して、従来の経費精算システムは、申請も承認も会社のPC操作が必須だった。社員は、営業先や出張先から会社に戻らないと、経費申請ができなかった。経理部問は、自宅からは承認作業ができなかった。遠方の拠点の社員は、領収書を本社経理部へ郵送する必要があった。経理部が年間に処理する領収書やレシートの数は、約1万2000枚になった。

関連キーワード

中部テレコミュニケーション / TIS / テレワーク / 経費精算

関連記事

Special

-PR-

中部テレコミュニケーション、スマホによるペーパーレス経費精算で経理業務をテレワーク化中部テレコミュニケーション(ctc)は、クラウド型の経費精算ドサービス「Spendia」を導入し、2020年4月に稼働させた。スマートフォン活用によるペーパーレス化とモバイル化によって、年間で約200時間程度の経理業務を削減できると見込む。システム構築を手がけたTISが同年8月19日に発表した。

PAGE TOP