[新製品・サービス]

IIJ、システム監視ツール「Zabbix」の運用を代行するマネージドサービスを開始

2020年10月1日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2020年10月1日、オープンソースのシステム監視ツール「Zabbix(ザビックス)」をマネージドサービスとして提供する「IIJ統合運用管理サービス(UOM) マネージドモニタリング for Zabbix」を開始した。価格(税別)は、Zabbixサーバー構築を含めて月額60万円。

 「IIJ統合運用管理サービス(UOM) マネージドモニタリング for Zabbix」は、IIJのクラウド上にユーザー専有サーバーを構築し、チューニング済みのZabbixサーバーをマネージド型で提供するサービスである(図1)。

図1:IIJ統合運用管理サービス(UOM)のサービスイメージ(出典:インターネットイニシアティブ)図1:IIJ統合運用管理サービス(UOM)のサービスイメージ(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 監視設定のチューニングや運用保守、技術サポート(Zabbix Enterpriseサポート ゴールド相当)までを一括で提供する。ユーザーは、資産を持つことなくZabbixの監視システムを容易に導入できる。料金は監視対象の数に関わらず月額固定のため、大規模システムでも導入しやすい。

 Zabbixの監視機能に加えて、IIJが提供しているシステム運用のアウトソーシングサービス「IIJ統合運用管理サービス(UOM)」で提供しているチケット管理や自動通知などの基本機能が標準で付帯する。これにより、Zabbixから上がってくる大量アラートの処理を自動化できる。

 なお、UOMは、システム監視/運用の中で発生する膨大なアラートを自動的にフィルタリングし、インシデント(チケット)を登録管理し、事前に設定したルールに沿ってオペレーションを自動実行する。オンプレミスやマルチクラウドが混在したハイブリッドクラウド環境で利用できる。

 従来、数百~数千台を超える大規模なシステムや多拠点システムを運用するユーザーの場合、従来のUOMの監視メニューでは監視できるポイント数に限りがあるため、対応が難しいという課題があった。これに対してユーザーは、大規模な機器も監視できる仕掛けとしてZabbixサーバーを個別に構築していた。

 しかし、Zabbixを利用するためには、ユーザー側でサーバーの構築や運用、チューニングなどが必要になっていたため、導入のハードルや運用負荷が高くなっていた。こうした経緯から今回、IIJがZabbixのサーバー構築から設定、チューング、運用までを行うマネージド型のクラウドサービスを開始した。

 構築するZabbixサーバーのハードウェア仕様は、表1の通り。

表1:「マネージドモニタリング for Zabbix」で構築するZabbixサーバー機の仕様(出典:インターネットイニシアティブ)
項目 仕様
CPUコア数 クアッドコア
メモリー 56GB
ディスク容量 1700GB
仮想アプライアンス Zabbix Enterprise Appliance ZS-V500
Zabbixバージョン Zabbix 5.0
監視ノード数(推奨) 3000台程度
監視項目数(推奨) 10万項目/5分間隔
(※)ログファイル監視(5000項目)を含む
(※)SNMP(Simple Network Management Protocol)トラップ監視および暗号化通信は含まない
データ保存期間 ヒストリ:30日
トレンド、イベント履歴、アクション履歴:1年間
関連キーワード

インターネットイニシアティブ / Zabbix

関連記事

Special

-PR-

IIJ、システム監視ツール「Zabbix」の運用を代行するマネージドサービスを開始インターネットイニシアティブ(IIJ)は2020年10月1日、オープンソースのシステム監視ツール「Zabbix(ザビックス)」をマネージドサービスとして提供する「IIJ統合運用管理サービス(UOM) マネージドモニタリング for Zabbix」を開始した。価格(税別)は、Zabbixサーバー構築を含めて月額60万円。

PAGE TOP