[新製品・サービス]

日本IBM、国内でオフコン/UNIXサーバーのIaaS「IBM Power Systems Virtual Server」を提供

2020年11月4日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2020年11月4日、オフコンOS「IBM i」やUNIX「AIX」が動作するPowerアーキテクチャのサーバー機をクラウド上の仮想サーバーとして利用できるIaaS型クラウドサービス「IBM Power Systems Virtual Server」を発表した。2020年10月31日から提供している。まずはIBM Cloudの東京リージョンで開始した。今後は大阪リージョンでの提供も予定している。

 IBM Power Systems Virtual Serverは、オフコンOSのIBM iやUNIXのAIX、LinuxのPowerLinuxが動作するPowerアーキテクチャのサーバー機を、クラウド上の仮想サーバーとして利用できるIaaS型クラウドサービスである。IBM PowerVM上のLPAR(論理パーティショニング)として仮想サーバーを提供する。CPU/メモリーやストレージなどのシステム資源を動的に調達できる。

 IBM iやAIXが動作する仮想サーバーがクラウド型で利用できるようになることにより、オンプレミスの既存システムに対する災害対策環境や、アプリケーションの検証環境などを、クラウド上に用意できる。さらに、基幹システムのデータとクラウドアプリケーションをデータ連携させる使い方ができる。

 今回の東京リージョンでの提供は、ダラス(2拠点)、ワシントンDC、フランクフルト(2拠点)、ロンドン(2拠点)、トロント、シドニーに続く、10拠点目である。なお、東京リージョンと大阪リージョンは、いずれも、IBMで第2世代となるクラウドアーキテクチャを採用しており、可用性や性能などが高いとしている。

関連キーワード

IBM Cloud / Power Systems / IBM i

関連記事

Special

-PR-

日本IBM、国内でオフコン/UNIXサーバーのIaaS「IBM Power Systems Virtual Server」を提供日本IBMは2020年11月4日、オフコンOS「IBM i」やUNIX「AIX」が動作するPowerアーキテクチャのサーバー機をクラウド上の仮想サーバーとして利用できるIaaS型クラウドサービス「IBM Power Systems Virtual Server」を発表した。2020年10月31日から提供している。まずはIBM Cloudの東京リージョンで開始した。今後は大阪リージョンでの提供も予定している。

PAGE TOP