[事例ニュース]

朝日生命、帳票AI-OCRシステムを構築、保険契約の手続きコストを25%削減

2021年3月23日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

朝日生命保険は、帳票をAI-OCRで電子化することによって保険手続きにかかる時間を短縮するシステム「イメージ処理プラットフォーム」を稼働させた。新契約・支払業務を25%効率化した。キヤノンマーケティングジャパンとキヤノンITソリューションズが2021年3月23日に発表した。

 朝日生命は今回、帳票をAI-OCRで電子化することによって保険手続きにかかる時間を短縮するシステム「イメージ処理プラットフォーム」を稼働させた(図1)。これにより、新契約・支払業務において、年間で25%のコスト(手続き時間)を削減した。

図1:「非定型」、「手書き」、「準定型」の帳票を電子化できるOCRシステムを構築した(出典:キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズ)図1:「非定型」、「手書き」、「準定型」の帳票を電子化できるOCRシステムを構築した(出典:キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 朝日生命が保険手続きに初めてOCRを適用したのは、2017年のこと。非定型フォーマットの健康診断書からデータを入力する業務を電子化した。これにより、保険契約成立までの手続きの所要時間を2割削減した。OCR導入後も、RPAやAIを取り入れるなど、業務プロセスの改革を推進している。

 今回導入した「イメージ処理プラットフォーム」は、オンプレミスのOCRシステムに、キヤノンITソリューションズのAI-OCRクラウドサービス「CaptureBrain」を連携させた。

 新システムでは、画像補正技術とAIによる帳票認識技術を活用し、画像補正、帳票種別の自動分類、定型・非定型や活字・手書きの帳票のOCR処理までを一括で実行する。さらに、OCRの読み取り精度を高めるため、項目ごとにOCRエンジンを使い分ける。OCR結果を自動補正する辞書機能も搭載する。

 これまでOCRが難しかった帳票を電子化するため、「準定型帳票OCR機能」も搭載した。例えば、死亡診断書は、発行元によってレイアウトにばらつきがある手書き帳票である。準定型帳票OCR機能を活用すると、フォーマットは同じでも高さや幅が異なるレイアウトの帳票においても、必要な項目の領域を特定して情報を読み取れる。

 保険業界では、デジタル化が進む一方で、依然として契約業務・保全業務で多くの紙帳票が残っており、業務フロー全体の自動化や効率化が難しいことが課題となっている。加えて、近年の社会情勢の急激な変化に対し、非対面での営業支援システムの構築やバックオフィス業務のプロセス改善への迅速で柔軟な対応が求められている。

関連キーワード

朝日生命保険 / AI-OCR / キヤノンITソリューションズ / キヤノンマーケティングジャパン / 保険 / 金融

関連記事

Special

-PR-

朝日生命、帳票AI-OCRシステムを構築、保険契約の手続きコストを25%削減朝日生命保険は、帳票をAI-OCRで電子化することによって保険手続きにかかる時間を短縮するシステム「イメージ処理プラットフォーム」を稼働させた。新契約・支払業務を25%効率化した。キヤノンマーケティングジャパンとキヤノンITソリューションズが2021年3月23日に発表した。

PAGE TOP