アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

クラウド型ワークフロー「Boomi Flow」を強化、データを外部に出さずオンプレミスで実行可能に

2021年3月25日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デル・テクノロジーズは2021年3月25日、米Dell Technologies傘下でクラウド型のデータ統合サービスを手がける米Boomiのワークフローサービス「Boomi Flow」を強化したと発表した。オンプレミス環境など任意の場所でワークフローを処理できるようにした。業務データをローカル環境の外部に出すことなく運用できるようになった。強化機能は同年3月9日(米国時間)から利用可能になっている。

 「Boomi Flow」は、クラウド型のデータ統合サービスを手がける米Boomiが開発・提供するワークフローサービスである(図1)。申請/承認のヒューマン系ワークフローを設計・実行する機能と、データ統合基盤のBoomi Integrationをつないでシステム連携フローを設計・実行する機能を併せ持つ。

図1:Boomi Flowの概要(出典:デル・テクノロジーズ)図1:Boomi Flowの概要(出典:デル・テクノロジーズ)
拡大画像表示

 データ統合基盤であるBoomi IntegrationのWebフロントエンド画面をローコードで開発する機能も備える。Boomi Integrationが管理しているデータソースをリストで表示し、データソースを選んで中身を参照するなど、データを参照するためのWebアプリケーションを、コードを記述することなく開発できる。

 Boomi Flowは、以前はクラウド上でワークフローを実行するしかなかった。このため、社内システムのデータを使ったワークフローの場合、システムの都合上、社内システムのデータをクラウドに転送する仕組みになっていた。今回の強化によって、これを改善しローカル環境でワークフロー処理を実行できるようにしている。

 画面1にあるように、ワークフロー処理のランタイム(実行環境)を、オンプレミスなど任意の環境に配置できるようにした。ランタイムは、ランタイムエンジンとPostgreSQLを含んだコンテナイメージとして実装している。このコンテナのデプロイ先を選べるようにした。一方、ワークフローの開発は、これまで通りクラウドサービスとして提供する。

図2:ワークフロー処理を実行するランタイムをオンプレミスなど任意の環境に配置できるようにした(出典:デル・テクノロジーズ)図2:ワークフロー処理を実行するランタイムをオンプレミスなど任意の環境に配置できるようにした(出典:デル・テクノロジーズ)
拡大画像表示

 なお、ランタイムをオンプレミス環境などに配置できる製品は、上位版のEnterpriseエディションである。標準版は、これまで通りランタイム環境も含めてクラウドサービスとして提供する。価格(税別)はEnterpriseエディションが年額1000万円弱(アプリケーション2個まで)から、クラウド版が年額500万円からとなっている。

関連キーワード

Boomi / ワークフロー / Dell / 電子署名

関連記事

Special

-PR-

クラウド型ワークフロー「Boomi Flow」を強化、データを外部に出さずオンプレミスで実行可能にデル・テクノロジーズは2021年3月25日、米Dell Technologies傘下でクラウド型のデータ統合サービスを手がける米Boomiのワークフローサービス「Boomi Flow」を強化したと発表した。オンプレミス環境など任意の場所でワークフローを処理できるようにした。業務データをローカル環境の外部に出すことなく運用できるようになった。強化機能は同年3月9日(米国時間)から利用可能になっている。

PAGE TOP