[新製品・サービス]

アシスト、HTTP要求を画像で返すインターネット分離ソフトのSaaS版「Ericom Shield Cloud」を提供

2021年6月2日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2021年6月2日、ユーザーのHTTPリクエストを画像化して処理を返すインターネット分離ソフトウェア「Ericom Shield」(開発元:イスラエルEricom Software)のSaaS版「Ericom Shield Cloud」を発表し、同日に販売を開始した。100ユーザー分を購入する場合の1ユーザーあたりの価格(税別)は、標準版が年額1万7666円、機能制限版が年額3739円となっている。

 アシストの「Ericom Shield」(開発元:イスラエルEricom Software)は、ユーザーのHTTPリクエストを画像化して処理を返す手法によって、WebサイトやWebアプリケーション、SaaSなどの利用に伴うセキュリティ上の脅威を排除するインターネット分離ソフトウェアである(関連記事描画済みのWebページ画像をブラウザで表示、アシストがWeb無害化ソフトを発表)。

 Webアクセスを仲介するプロキシサーバーとして動作し、ユーザーからのHTTPリクエストを、無害化した画像ストリームとして処理を返すことで、Webアクセスを介して不正なコードを実行してしまうようなインシデントを防止する(図1)。

図1:Ericom Shield Cloudの概要(出所:アシスト)図1:Ericom Shield Cloudの動作の仕組み(出典:アシスト)
拡大画像表示

 ユーザーがWebサイトやSaaSにアクセスするたびに、クラウドのサーバー上でLinuxコンテナが起動し、インターネット分離/RBI(Remote Browser Isolation)の仕組みによって、HTTPリクエストを画像ストリームに置き換えてユーザーに処理を返す。このコンテナは1セッションごとに機能を果たしたら削除される。画像ストリームの送出方法は、レンダリング済みの画像を転送するフレームレンダリングと、ローカルブラウジング体験に近い「クリスタルレンダリング」の2つから選択できる。

 ユーザー側では、Ericom Shieldから返ってきた画像ストリームを、Chromiumベースの専用Webブラウザで表示させる。特定のURLについてはInternet Explorer(IE)でも表示でき、ActiveXコントロールを用いたWebサイトコンテンツも利用できる。

 オフィス文書ファイルやPDFファイルなどのファイルをWeb経由でダウンロードする際に、これを無害化する機能も備える。他社製のファイル無害化ソフトウェアをOEMとしてバンドルしている。

●Next:SaaS版のEricom Shield Cloudに備わる新機能と価格

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

アシスト / Ericom Shield / インターネット分離 / 無害化

関連記事

Special

-PR-

アシスト、HTTP要求を画像で返すインターネット分離ソフトのSaaS版「Ericom Shield Cloud」を提供アシストは2021年6月2日、ユーザーのHTTPリクエストを画像化して処理を返すインターネット分離ソフトウェア「Ericom Shield」(開発元:イスラエルEricom Software)のSaaS版「Ericom Shield Cloud」を発表し、同日に販売を開始した。100ユーザー分を購入する場合の1ユーザーあたりの価格(税別)は、標準版が年額1万7666円、機能制限版が年額3739円となっている。

PAGE TOP