[新製品・サービス]

SSOソフトウェア「OpenAM14.1」、ワンタイムパスワードをSMS/音声通話で伝達可能に

2021年6月7日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

オープンソース・ソリューション・テクノロジは2021年6月7日、シングルサインオン(SSO)ソフトウェアの新版「OpenAM14.1」を発表した。新機能の例として、OTP(ワンタイムパスワード)の通知方式を拡充し、従来のメールに加えてSMS(ショートメッセージサービス)を使えるようにした。また、Apple製品のTouch ID/Face IDを認証器として使えるようにした。価格は、個別見積もり。

 オープンソース・ソリューション・テクノロジの「OpenAM」は、シングルサインオン(SSO)ソフトウェアである。Web/Javaアプリケーションサーバー(Apache Tomcat)環境で動作する(画面1)。

 「OpenAM14.1」は、オープンソース版の「OpenAM 14.0.0」をベースにした商用パッケージの新版で、いくつかの機能を追加している。

画面1:OpenAMの利用画面(出典:オープンソース・ソリューション・テクノロジ)画面1:OpenAMの利用画面(出典:オープンソース・ソリューション・テクノロジ)

 SSOの方式として、エージェント、リバースプロキシ、リバースプロキシによる代理認証(Form認証、Basic認証)、フェデレーション(SAML、OpenID Connect、OAuth、WS-Federation)など各種の方式に対応する。認証方式としてユーザーは、ID/パスワード、各種OTP(ワンタイムパスワード)、クライアント証明書、FIDO2(WebAuthn)など各種の方式を単独もしくは多要素認証で利用できる。なりすましの疑いがある場合に、追加の認証を設けるリスクベース認証機能も備えている。

●Next:新版に加わった主な機能

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

OpenAM / オープンソース・ソリューション・テクノロジ / SSO

関連記事

Special

-PR-

SSOソフトウェア「OpenAM14.1」、ワンタイムパスワードをSMS/音声通話で伝達可能にオープンソース・ソリューション・テクノロジは2021年6月7日、シングルサインオン(SSO)ソフトウェアの新版「OpenAM14.1」を発表した。新機能の例として、OTP(ワンタイムパスワード)の通知方式を拡充し、従来のメールに加えてSMS(ショートメッセージサービス)を使えるようにした。また、Apple製品のTouch ID/Face IDを認証器として使えるようにした。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP