[調査・レポート]

国内HCI市場は、COVID-19の影響を受けつつも緩やかに成長を継続─IDC

2021年6月24日(木)IT Leaders編集部

IDC Japanは2021年6月22日、国内におけるハイパーコンバージドシステム(HCI)製品の市場予測を発表した。2020年~2025年における支出額のCAGR(年間平均成長率)は8.7%で、2025年には同市場の支出額が783億3000万円に達すると予測している。

 IDC Japanは、国内におけるハイパーコンバージドインフラストラクチャ製品(HCI)の市場予測を発表した(図1)。2020年の支出額は515億2100万円で、前年比成長率は14.3%だった。

 同社によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて一部でプロジェクトの先送りや中止が発生したことから、2020年上半期にベンダー各社の新規提案などに制約が生じ、2020年下半期には需要減少の影響が表れたという。2020年~2025年における支出額のCAGR(年間平均成長率)は8.7%で、2025年には同市場の支出額が783億3000万円に達すると予測している。

図1:国内ハイパーコンバージドシステム市場予測:2020年~2025年(出典:IDC Japan)図1:国内ハイパーコンバージドシステム市場予測:2020年~2025年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 同社によると、サーバー仮想化では、金融や官公庁などで予算化されたプロジェクトや、通信/メディア、情報サービス業界向けの基盤プロジェクトが堅調に推移したという。また、VDI(デスクトップ仮想化基盤)については、金融や公共/公益などで大型プロジェクトが、COVID-19対応として短期間でVDIを導入するプロジェクトがあり、これらが全体の需要を下支えするかたちで、前年同期比成長率は2桁の水準を継続したとしている。

 IDCは、IT基盤の運用管理の効率化、業務需要に応じた俊敏性/柔軟性の向上、導入の迅速さ/容易さ、スモールスタートと柔軟な拡張性の実現などのニーズを背景に、HCI市場が今後も成長を継続すると予測している。また、COVID-19の影響を受け、従業員規模別、産業分野別、地域別、ワークロード別におけるセグメントごとの成長性の差が顕著になると見ている。

 「短期的には、仮想化環境の課題を解決するIT基盤としての需要を中心に普及が進むだろう。中長期的には、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に伴う次世代ワークロードへの対応やIT基盤の効率化、エッジ/オンプレミス/複数のパブリッククラウドを統合したハイブリッドクラウドの構築を目的に普及が拡大する」(同社)

関連キーワード

IDC / HCI / 市場予測 / 市場調査 / ハイブリッドクラウド

関連記事

Special

-PR-

国内HCI市場は、COVID-19の影響を受けつつも緩やかに成長を継続─IDCIDC Japanは2021年6月22日、国内におけるハイパーコンバージドシステム(HCI)製品の市場予測を発表した。2020年~2025年における支出額のCAGR(年間平均成長率)は8.7%で、2025年には同市場の支出額が783億3000万円に達すると予測している。

PAGE TOP