[新製品・サービス]

複数の自社運営サイトの顧客IDを統合、凸版印刷がクラウドID管理基盤を提供

2021年9月16日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

凸版印刷は2021年9月16日、クラウド型顧客ID基盤サービスを提供すると発表した。複数の自社運営サイトで利用している顧客ID群を1つのIDに統合する。これまで別人として扱っていた顧客をユニークで扱えるようになる。

 凸版印刷は、クラウド型顧客ID基盤サービスの提供を開始する。複数の自社運営サイトで利用している顧客ID群を1つのIDに統合する。クラウドサービスとして提供し、ユーザーは導入を容易に行え、各サイトの特性を残したままOne ID化を図ることができる。

図1:クラウド型ID統合基盤サービスを用いたOne ID化の実現イメージ(出典:凸版印刷)図1:クラウド型ID統合基盤サービスを用いたOne ID化の実現イメージ(出典:凸版印刷)
拡大画像表示

 サイトを訪れた顧客は、1つのIDだけで複数のサイトにログインしてサービスを受けられるようになる。企業側では、これまで別人として扱っていた顧客をユニークで扱えるようになる。

 サービスの機能として、会員登録、ログイン機能、マイページ機能などに加えて、SNSアカウントサービスなどと連携した会員登録/ログインに対応する。SSO(シングルサインオン)設定も可能で、ユーザーは1度のログインで複数のWebサービスを横断的に利用できる。認証仕様はOpenID Connectを採用している。

 価格(税別)は、初期費用が400万円から(要件定義やデータ移行作業は除く)。運用費用が月額40万円から(ID数による従量課金制)。販売目標は、2021年度に関連受注を含めて1億円となっている。

関連キーワード

凸版印刷 / OpenID Connect / ID管理 / EC

関連記事

Special

-PR-

複数の自社運営サイトの顧客IDを統合、凸版印刷がクラウドID管理基盤を提供凸版印刷は2021年9月16日、クラウド型顧客ID基盤サービスを提供すると発表した。複数の自社運営サイトで利用している顧客ID群を1つのIDに統合する。これまで別人として扱っていた顧客をユニークで扱えるようになる。

PAGE TOP