[新製品・サービス]

富士フイルムBI、データの取り込みからシステム登録まで自動化するAI-OCR

2021年10月5日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士フイルムビジネスイノベーションは2021年10月5日、クラウド型OCRサービス「ApeosPlus desola(アペオスプラス デソラ)Technology by AI inside」を発表した。帳票データの読み取りから業務システムに登録するまでの一連の作業を自動化する。AI insideのAI-OCRエンジンに、前後工程の自動化機能と設定画面を加えてサービス化している。価格(税別)は月額13万円から。

 富士フイルムビジネスイノベーションの「ApeosPlus desola Technology by AI inside」は、帳票データをOCR(光学文字認識)で読み取って業務システムに登録するまでの一連の作業を自動化するクラウドサービスである。AI insideのAI-OCRサービスをOCRエンジンにして、前後工程の自動化機能と設定画面を加えてサービス化している。これまで人手を要していた、OCR結果の目視確認前後の作業を自動化する(図1)。

図1:ApeosPlus desola Technology by AI insideで実現するデータ入力業務フロー(出典:富士フイルムビジネスイノベーション)図1:ApeosPlus desola Technology by AI insideで実現するデータ入力業務フロー(出典:富士フイルムビジネスイノベーション)
拡大画像表示

 図2は、ApeosPlus desolaを用いて、帳票データをOCRでシステムに取り込む作業を自動化する手順である。(1)の取り込みと仕分けの自動化にあたって、データアップロード画面、スキャンデータを自動アップロードする複合機用アプリケーション、特定フォルダを監視してファイルを自動アップロードするPC用アプリケーションなどを新たに開発している。

図2:ApeosPlus desola Technology by AI insideの特徴(出典:富士フイルムビジネスイノベーション)図2:ApeosPlus desola Technology by AI insideの特徴(出典:富士フイルムビジネスイノベーション)
拡大画像表示

 (2)のOCRで抽出・テキスト化したデータの加工とチェック処理の自動化では、正規化、読み替え、計算などのデータ加工を設定で調整することができる。

 (3)の加工/チェック済みデータの業務システムへの登録では、サイボウズの「kintone」とオービックビジネスコンサルタント(OBC)の「商奉行クラウド」など業務システムへの登録を自動化できる。また、証跡用文書の電子イメージについて、キーワード検索が行えるように文字情報の抽出結果を属性として付与し、富士フイルムビジネスイノベーションのクラウドストレージ「Working Folder」に直接保管することができる。

 サービス提供の背景として同社は、現在のOCRの精度が100%ではなく、OCR結果の目視確認が必要になっていること、OCR結果を業務システムに登録する際にデータの加工作業が発生することを挙げている。「例えば、記載された金額から記号(¥など)の削除、合計金額の計算、商品コードと商品名の読み替えといった作業が発生する」(同社)。

 ApeosPlus desolaの価格(税別)は基本料金が月額13万円。OCRの読み取り箇所が月間5万2000箇所(52000リクエスト)まで。これを超えた場合は、超過1万箇所(1万リクエスト)あたり1万5000円が追加になる。

関連キーワード

富士フイルムビジネスイノベーション / AI-OCR / ApeosPlus desola / AI inside

関連記事

Special

-PR-

富士フイルムBI、データの取り込みからシステム登録まで自動化するAI-OCR富士フイルムビジネスイノベーションは2021年10月5日、クラウド型OCRサービス「ApeosPlus desola(アペオスプラス デソラ)Technology by AI inside」を発表した。帳票データの読み取りから業務システムに登録するまでの一連の作業を自動化する。AI insideのAI-OCRエンジンに、前後工程の自動化機能と設定画面を加えてサービス化している。価格(税別)は月額13万円から。

PAGE TOP