プロセスマイニング プロセスマイニング記事一覧へ

[新製品・サービス]

TIS、SAP ERP業務の改善点を提案する「プロセスマイニングサービス」を開始

2022年1月12日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISは2022年1月12日、「プロセスマイニングサービス」をSAP S/4HANAの導入を検討している企業向けに提供すると発表した。SAP ERPのシステムログを元に現状の業務プロセスを可視化し、業務面とシステム面の両面から改善提案を実施する。サービスの提供にあたり、Celonisのプロセスマイニングツールを利用する。価格(税別)は、450万円から。

 TISの「プロセスマイニングサービス」は、SAP S/4HANAの導入を検討している企業に向けた、業務分析および改善提案サービスである。SAP ERPのシステムログを元に、現状の業務プロセスを可視化し、業務面およびシステム面の両面から改善策を提案する。基幹業務に精通したTISのコンサルタントが、販売・購買・会計といった観点で作成したテンプレートを活用し、短期間でプロセスを分析する(図1)。

図1:「プロセスマイニングサービス」のサービスイメージ(出典:TIS)図1:「プロセスマイニングサービス」のサービスイメージ(出典:TIS)

 サービスの提供にあたっては、Celonisのプロセスマイニングツールを利用する。データ抽出用のABAPプログラムを利用して、SAP ERPから分析対象の業務プロセスデータを抽出し、Celonis環境に取り込む仕組みである。データ抽出プログラム、データモデル、KPI分析アプリなど、TIS独自の分析プログラムやテンプレートを業務プロセスごとに用意した。これらのテンプレートを用い、短期間で分析環境を構築する。

 「業務プロセス可視化/分析サービス」と「業務プロセス改善フォロー」の2つのサービスメニューを用意した。

 業務プロセス可視化/分析サービスでは、あらかじめ業務プロセスに対する課題を想定した上で、現行ERPシステムにプロセスマイニングを実施し、業務プロセス上の問題点、ボトルネック、例外処理などを明らかにする。想定した課題と、新たに発見した業務プロセスの問題点に対して、TISのSAPコンサルタントとユーザー企業の業務部門がディスカッションする(計3回程度)。

 業務プロセス改善フォローでは、「業務プロセス可視化/分析サービス」を実施したユーザーに対するフォローアップを提供。プロセス分析環境を1年間維持し、この期間中に再びプロセスの可視化/分析を実施し、設定した課題に対する改善状況を確認してレポートを提出する。新たに業務プロセス上の問題点、ボトルネック、例外処理などが発生していないかを調査する。

 取り組みの背景としてTISは、ERPの導入後に長い期間が経ち、この間に変化したビジネスモデルに基幹業務システムが追いつかないと感じるユーザーが増えていることを挙げる。「また、課題を整理するにしても、通常業務に加えて社内担当者へのヒアリングなどで多くの時間・労力が必要になってしまう」(同社)。

関連キーワード

TIS / SAP ERP / S/4HANA

関連記事

Special

-PR-

TIS、SAP ERP業務の改善点を提案する「プロセスマイニングサービス」を開始TISは2022年1月12日、「プロセスマイニングサービス」をSAP S/4HANAの導入を検討している企業向けに提供すると発表した。SAP ERPのシステムログを元に現状の業務プロセスを可視化し、業務面とシステム面の両面から改善提案を実施する。サービスの提供にあたり、Celonisのプロセスマイニングツールを利用する。価格(税別)は、450万円から。

PAGE TOP