[新製品・サービス]

NTT Com、ネットワーク/クラウド/セキュリティの運用代行サービス「X Managed」を提供

2022年3月30日(水)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2022年3月29日、システム運用管理のマネージドサービス「X Managed」を発表した。ネットワーク、クラウド、セキュリティの3領域でユーザーのIT戦略の企画立案と、システムの設計・構築、運用・保守をNTT Comが代行する。選択型の定型メニューを中心に構成している。同年4月1日から提供する。価格は要問い合わせ。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の「X Managed」は、選択型の定型メニューを中心に構成したマネージドサービスである(図1)。ネットワーク、クラウド、セキュリティの3つの領域について、ユーザーのIT戦略の企画立案と、システムの設計・構築、運用・保守をNTT Comが代行する。定型の「スタンダード」と「オプション」、非定型の「プロフェッショナル」の3種類のメニューを準備した。

図1:メニュー選択型のマネージドサービス「X Managed」のメニュー構成(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:メニュー選択型のマネージドサービス「X Managed」のメニュー構成(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 スタンダードは、システムの死活監視や問い合わせ受付など、全ユーザーに共通する機能一式を提供する。オプションは、ネットワークの経路情報変更作業など、頻繁に発生する要望を定型化した選択型のメニューである。プロフェッショナルは、コンサルティングなど定型化できない要望に対応するメニューである。

 特徴は、選択型の定型メニューを用意したこと。所望のマネージドサービスを、比較的安価に提供できる。全ユーザーに共通する機能や頻繁に発生する要望を定型化した選択型のメニューをラインナップした。オーダーメード式のような複雑な仕様検討が要らないため、導入が容易である。この上で、定型メニューで対応できない要望も非定型メニューで対応する。NTT Comは、ユーザーのTCOを約30%削減することを目標に掲げている

 また、ユーザーの要望に応じてマネージドサービスを導入できることも特徴である。IT戦略の企画立案からシステムの運用・保守に至る一連のライフサイクルごとにメニューを準備しているため、局所的な対応も、ライフサイクル全体にわたる対応も、いずれについても選択できる。

 運用のためのシステム基盤の特徴として、傾向分析機能に強みを持つ点を挙げている。通信トラフィックやシステムログなどをもとに、将来的なシステムトラブルを高精度に予測可能としている。また、運用・保守を自動化する機能にも強みを持つとしている。人手よりも正確かつ迅速に故障箇所を特定可能としている。

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / マネージドサービス

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、ネットワーク/クラウド/セキュリティの運用代行サービス「X Managed」を提供NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2022年3月29日、システム運用管理のマネージドサービス「X Managed」を発表した。ネットワーク、クラウド、セキュリティの3領域でユーザーのIT戦略の企画立案と、システムの設計・構築、運用・保守をNTT Comが代行する。選択型の定型メニューを中心に構成している。同年4月1日から提供する。価格は要問い合わせ。

PAGE TOP