[新製品・サービス]

ネットワールド、WasabiのAmazon S3互換クラウドストレージを販売

2022年4月26日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネットワールドは2022年4月26日、Amazon S3互換クラウドストレージ「Wasabi Hotクラウドストレージ」を販売開始した。ライセンスの販売に加えて、日本語によるヘルプデスクサポートを24時間365日体制で提供する。開発会社は、米Wasabi Technologies。ライセンスの参考定価(税別)は、容量25TBが年額44万7037円、容量100TBが年額178万8150円など。

 今回ネットワールドが販売を開始する「Wasabi Hotクラウドストレージ」(以下、Wasabi)は、Amazon S3と互換性のあるクラウド型のオブジェクトストレージである。開発会社は米Wasabi Technologiesで、ネットワールドはライセンスの販売に加えて、日本語によるヘルプデスクサポートを24時間365日体制で提供する。

 Wasabiの特徴の1つは、Amazon S3互換ストレージを、Amazon S3よりも安価に使えること(Amazon S3の標準ストレージの料金は、東京リージョンの場合、最初の50TBが、使用量1GBあたり月額0.025ドル)。Wasabiではさらに、データ出力やAPIリクエストに課金しないため、予測不能な追加費用がかからない。

 Wasabiの価格(税別)は、予約容量制(25TB単位、500TB以上は50TB単位)で、契約期間は1年間単位である。容量と利用年数で金額が変動する。ライセンスの参考定価(税別)は、容量25TBが年額44万7037円、容量100TBが年額178万8150円など。

 ストレージサービスには階層を設けておらず、シンプルに使える点も料金面・運用面での特徴である。「低速・低価格」や「高速・高価格」や「アーカイブ用途」といった種別がなく、1種類のストレージサービスだけを提供する。この結果、頻繁にアクセスする高速なストレージを安価に使えるようにしているという。

 セキュリティ/運用管理面では、データの保管先として国内(東京、大阪)のデータセンターを選択可能である。海外にデータを保存できないケースでも同サービスを使える。また、イミュータブル(書き換え不能)なオブジェクトロック機能を備えているため、ランサムウェア対策のためのデータ保護手段としても使える。

 なお、ネットワールドは、10種類以上のデータバックアップ製品(バックアップソフトウェア/アプライアンス)を販売している。Wasabiとデータバックアップ製品を組み合わせたサービスを提供していくという。

関連キーワード

ネットワールド / 米Wasabi Technologies / Amazon S3

関連記事

Special

-PR-

ネットワールド、WasabiのAmazon S3互換クラウドストレージを販売ネットワールドは2022年4月26日、Amazon S3互換クラウドストレージ「Wasabi Hotクラウドストレージ」を販売開始した。ライセンスの販売に加えて、日本語によるヘルプデスクサポートを24時間365日体制で提供する。開発会社は、米Wasabi Technologies。ライセンスの参考定価(税別)は、容量25TBが年額44万7037円、容量100TBが年額178万8150円など。

PAGE TOP