[架け橋 by CIO Lounge]

失敗のない成功はない、IT部門をチャレンジする部署に!

CIO Lounge 理事 提箸眞賜氏

2022年7月21日(木)CIO Lounge

日本を代表する百戦錬磨のCIO/ITリーダー達が、一線を退いてもなお経営とITのあるべき姿に思いを馳せ、現役の経営陣や情報システム部門の悩み事を聞き、ディスカッションし、アドバイスを贈る──「CIO Lounge」はそんな腕利きの諸氏が集まるコミュニティである。本連載では、「企業の経営者とCIO/情報システム部門の架け橋」、そして「ユーザー企業とベンダー企業の架け橋」となる知見・助言をリレーコラム形式でお届けする。今回は、CIO Lounge 理事 提箸眞賜氏からのメッセージである。

 失敗が好きな人はいないでしょう。失敗すると周囲から責められたり、自己嫌悪に陥ったり、しばらくは落ち込んで回復できなかったりするからです。できるだけ失敗を避けることを心がけ、また失敗したことは早く忘れようとします。一方で他者の失敗は“蜜の味”とも言われ、だれもが関心を持つのではないでしょうか。1984年に出版された一橋大学名誉教授 野中郁次郎氏の著書『失敗の本質』が、今もベストセラーとして読まれ続けているのは当然です。

 私自身、たくさんの失敗をしてきました(もちろん、いくつかの成功もあります、笑)。そんな経験を踏まえて読者にお伝えしたいのは、失敗の大事さです。

 思い返すと、始まりは私が会社に入社して2、3年目、私が仕事で大きな失敗をしたときのこと。先輩社員からこう言われました。「死んだ人間を連れてきても、医者は生き返らすことはできないよね? 死に至る前に患者を医者に連れてくるのがあなたの仕事だよ」──。その先輩は、失敗の予兆を察知し大事になる前に対処することの重要性を指摘してくれたのです。

失敗と成功のマネジメントを部下に指導

 先輩はさらに、「そのためには小さな失敗の経験が重要ですよ」とも付け加えました。これらの言葉は今も私の記憶に鮮明に残っていますし、折に触れて失敗には関心を抱いてきました。例えば、私がIT部門の責任者をしていた時、新しく部門に配属された人との面談で必ず2つのことを聞くようにしていました。1つは定番的な「将来、どんなキャリアを目指したいか」ですが、もう1つは「過去にどんな失敗をし、何を学んだか」でした。

 私の経験上、成功経験はともかく、失敗経験をきちっと整理して話せる人は少数です。しかし失敗経験の少ない人は、仕事で何らかの失敗をするとリカバリーの方法を会得していないので回復までに時間がかかったり、最悪の場合、メンタル面に支障をきたす人もいました。これに対し、失敗から学んできた人は、おかしな表現かもしれませんが、失敗のしかたが上手です。失敗のポイントを肌感覚で学び取っており、大きなダメージに至らないように対処しているのです。

 よく言われることですが、教えられたことを繰り返し行うルーチンワークは別にして、失敗なしに成功することはありません。むしろ未経験の何かにチャレンジする仕事には小さな失敗はつきものでしょう。ですから、失敗をマネジメントするのはとても大事であり、このことをIT部門の新人が理解しているかどうかを探り、そうでなければ腹落ちするように伝えることを面談では心がけてきました。

 一方で成功体験も大事です。仕事に対する自信と次の仕事へのチャレンジする意欲と勇気をもたらしてくれるからですが、これについてもIT責任者の時代に少し工夫していました。成功事例を報告書ではなく、論文の形式で文章にまとめることを部下に指示していたのです。

●Next:DX推進の足かせになっているもの

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
バックナンバー
架け橋 by CIO Lounge一覧へ
関連キーワード

IT部門 / IT投資 / プロジェクト管理 / CIO / CIO Lounge / 江崎グリコ / 資生堂 / 品質管理 / VUCA

関連記事

Special

-PR-

失敗のない成功はない、IT部門をチャレンジする部署に!日本を代表する百戦錬磨のCIO/ITリーダー達が、一線を退いてもなお経営とITのあるべき姿に思いを馳せ、現役の経営陣や情報システム部門の悩み事を聞き、ディスカッションし、アドバイスを贈る──「CIO Lounge」はそんな腕利きの諸氏が集まるコミュニティである。本連載では、「企業の経営者とCIO/情報システム部門の架け橋」、そして「ユーザー企業とベンダー企業の架け橋」となる知見・助言をリレーコラム形式でお届けする。今回は、CIO Lounge 理事 提箸眞賜氏からのメッセージである。

PAGE TOP