[新製品・サービス]

富士通SSL、標的型対策製品の取り扱いを開始〜新製品・サービスまとめ(2012/5/14〜2012/6/13)

2012年7月5日(木)IT Leaders編集部

1カ月間に発表された主要な新製品・サービスを紹介する、ニュースフラッシュ 新製品・サービス編。ハードウェアやソフトウェア、システムの各分野から、12個の新製品・サービスを取り上げた。

顧客分析

Hadoop導入と顧客分析ノウハウを一体化したサービス

NTTデータは2012年6月7日、ビッグデータの活用を支援するサービス「BizXaaS BA」を発表した。ビッグデータを分析するのに必要な基盤の構築と、顧客情報を分析/活用するためのノウハウをセットで提供する。決まった形式のデータを用意すれば分析レポートを早期に作成できる「分析環境提供サービス」など3つのメニューを用意する。月額料金(税別)は240万円から。

製品ライフサイクル管理(PLM)

短期導入と運用コスト削減が可能なSaaS型PLM

NECは2012年6月8日、製造業向けに設計図面や部品表などをクラウドで管理する「Obbligato for SaaS」を発表した。従来よりソフトウェアとして提供する「Obbligato Ⅲ」の機能を踏襲する。これまでの導入ノウハウをもとに定義した業務プロセスを実装することで、ユーザー企業は約2週間でサービスを利用開始できるという。月額料金(税別)は30万円から。

仮想デスクトップ(VDI)

仮想デスクトップ環境を短期間で構築

エム・ピー・テクノロジーズは2012年6月11日、仮想デスクトップ環境を構築する「All-in-one VDI Box」を提供開始した。IBMのサーバー「IBM System x3650 M3」と、シトリックス・システムズのVDI構築ソフト「Citrix VDI-in-a-box」を組み合わせて提供する。セットアップに必要な作業を事前に施して出荷するため、最短10日で利用できる。価格は1ユーザーあたり7万9800円。

マルウェア感染対策

最新のマルウェア情報を提供し漏えいリスクを低減

EMCジャパンは2012年6月12日、マルウェア情報を提供する「RSA CyberCrime Intelligence」を発表した。感染の疑いがあるPC情報を提供する「週次モニタリングレポート」と、マルウェア関連のサイト情報を提供する「日次ブラックリストレポート」を配信する。ブラックリストをファイウォール機器などに適用すれば、不正なIPアドレスやURLを検知できる。年額料金(税別)は456万円。

関連キーワード

富士通SSL / テラスカイ / ドリーム・アーツ

関連記事

Special

-PR-

富士通SSL、標的型対策製品の取り扱いを開始〜新製品・サービスまとめ(2012/5/14〜2012/6/13) [ 3/3 ] 1カ月間に発表された主要な新製品・サービスを紹介する、ニュースフラッシュ 新製品・サービス編。ハードウェアやソフトウェア、システムの各分野から、12個の新製品・サービスを取り上げた。

PAGE TOP