[新製品・サービス]

IIJ、Windows更新を一元管理する「WSUS」をクラウドサービス化、ADのオプションとして提供

2019年9月25日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年9月25日、Windowsアップデートを一元管理するWSUS(Windows Server Update Services)機能をアウトソースできるサービスを発表した。AD(Active Directory)のアウトソーシングサービス「IIJディレクトリサービス for Microsoft」のオプションとして「WSUSオプション」の名称で提供する。2019年10月1日から提供する。

 IIJは、AD(Active Directory)をクラウドサービスとして提供している。IIJが管理するクラウド基盤上でADを動作させ、ADサーバーの運用を代行するものである。ユーザーは、みずからADサーバーを立てて運用する必要がなくなる。

図1:「IIJディレクトリサービス for Microsoft」の「WSUSオプション」の概要(出典:インターネットイニシアティブ)図1:「IIJディレクトリサービス for Microsoft」の「WSUSオプション」の概要(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 今回、ADのクラウドサービスのオプションとして、WSUS機能のクラウドサービスを追加した。IIJのクラウド基盤上でWSUSサーバーを動作させ、WSUSサーバーの運用を代行する(図1)。

 WSUSとは、ソフトウェアの更新プログラムを自動的にダウンロードして適用するWindows Updateを、社内で一括管理できる機能である。

 ユーザーは、ADとWSUSを合わせて導入することによって、部門やグループ単位で順次プログラムを配布するなど、Windows Updateの配布スケジュールを管理できるようになる。ネットワークが込み合う状態を回避できる。

 WSUSオプションの価格(税別)は、初期費用が30万円、月額費用が1リージョンあたり10万円。ADサービスと同時に申し込んだ場合は諸費起用がかからない。WSUSについて詳細なサポートを提供するアドバンスサポートオプションは月額5万円。前提となるADサービスの価格は、初期費用が96万円。月額費用が12万円。

 

関連記事

Special

-PR-

IIJ、Windows更新を一元管理する「WSUS」をクラウドサービス化、ADのオプションとして提供インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年9月25日、Windowsアップデートを一元管理するWSUS(Windows Server Update Services)機能をアウトソースできるサービスを発表した。AD(Active Directory)のアウトソーシングサービス「IIJディレクトリサービス for Microsoft」のオプションとして「WSUSオプション」の名称で提供する。2019年10月1日から提供する。

PAGE TOP