アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

PCA会計などの製品を月/年額制で利用できる「PCA サブスク」

2020年4月2日(木)IT Leaders編集部

業務用パッケージソフトベンダーのピー・シー・エー(PCA)は2020年4月1日、オンプレミスで稼働する業務ソフトウェア製品を月額や年額のサブスクリプションで提供する「PCA サブスク」を発表した。2020年5月11日から提供する。

 PCAは、オンプレミス環境で動作するパッケージ版のソフトウェア群と、これらをSaaS型クラウドサービスの形で提供する「PCAクラウド」を展開している。今回、これらの特徴を組み合わせた新サービスとして「PCA サブスク」を用意した(図1)。オンプレミスで動作するソフトウェアを、月額制や年額制で利用できる。

図1:「PCA サブスク」のラインアップ(出典:ピー・シー・エー)図1:「PCA サブスク」のラインアップ(出典:ピー・シー・エー)
拡大画像表示

 初期費用なしでPCAの業務パッケージソフトウェアを利用できる。ユーザーの運用に合わせて、月額契約または年額契約で利用できる。常に最新バージョンのプログラムを利用可能で、パッチレベルでの機能改善・修正も自動的に適用できる。

 価格(税別)は、「PCAじまん」の各製品が月額3900円から。「PCA DX」の各製品が月額9000円から。「PCA hyper」の各製品が月額1万4000円から。また、複数のPCAソフトウェアがすべて使い放題になる「コンプリートモデル」もラインナップしている。

 「PCA じまんコンプリート」は、月額1万2000円(5製品)または年額14万4000円(5製品)。経理じまんDX、給与じまんDX、人事じまんDX、売上じまんDX、仕入じまんDX、を利用できる。

 「PCA DX コンプリート」は、月額2万7000円(12製品)または年額32万4000円(14製品)。PCA 会計DX、PCA 給与DX、PCA 人事管理DX、PCA 商魂DX、PCA 商管DX、PCA固定資産DX、PCA 公益法人会計DX、PCA 社会福祉法人会計DX、PCA 法定調書DX、PCA 法人税、PCA 消費税、PCA 商管DX[ロット管理] オプション、PCA 商魂・商管DX、売上仕入同時入力オプション、PCA 商魂・商管DX 受注発注同時入力オプション、を利用できる。

 「PCA hyper コンプリート」は、月額4万2000円(7製品)または年額50万4000円(8製品)。PCA 会計hyper、PCA 会計hyper 債権管理オプション、PCA 会計hyper 債務管理オプション、PCA 給与hyper、PCA 人事管理hyper、PCA 固定資産hyper、PCA 法定調書DX、PCA 法人税、を利用できる。

関連キーワード

ピー・シー・エー / サブスクリプション

関連記事

Special

-PR-

PCA会計などの製品を月/年額制で利用できる「PCA サブスク」業務用パッケージソフトベンダーのピー・シー・エー(PCA)は2020年4月1日、オンプレミスで稼働する業務ソフトウェア製品を月額や年額のサブスクリプションで提供する「PCA サブスク」を発表した。2020年5月11日から提供する。

PAGE TOP