[新製品・サービス]

Zabbix 5.0搭載アプライアンス、機能追加が容易な新エージェントを採用

2020年6月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ラトビア共和国のZabbixの日本支社であるZabbix Japanは2020年6月8日、システム監視ソフトウェアの「Zabbix」を小型サーバー機にプリインストールしたアプライアンス「Zabbix Enterprise Appliance」(全5モデル)を発表した。新版では、搭載するZabbixのバージョンを現行のZabbix 5.0にした。Zabbix 5.0では、プラグインで機能を容易に追加可能な新たなエージェントを導入するなど、いくつかの機能を強化している。価格(税別)は、ハードウェアのサーバーアプライアンスの下位モデルで29万8000円など。

 前提となるZabbixは、オープンソース(OSS)のシステム/ネットワーク監視ソフトウエアである(画面1)。専用エージェント(各種UNIX/LinuxやWindows)によるサーバー監視のほか、SNMP監視、リモートログイン(Telnet/SSH)とコマンド実行によるサーバー監視、ポート監視(ネットワークサービスの死活監視)など、各種の方法で監視する。

画面1:Zabbixの管理画面(出典:Zabbix Japan)画面1:Zabbixの管理画面(出典:Zabbix Japan)
拡大画像表示

 Zabbix Enterprise Applianceは、Zabbixをプリインストールしたアプライアンスサーバー機である(写真1)。アプライアンスなので、Zabbixのインストールや初期設定は不要である。さらに、Zabbixの設定だけでなく、監視データを格納するデータベースのパーティショニングやSNMPトラップの設定など、ミドルウェアを設定済みの状態で提供する。

写真1:フル機能版のハードウェアアプライアンス「ZS-7500」および「ZS-5500」の外観写真1:フル機能版のハードウェアアプライアンス「ZS-7500」および「ZS-5500」の外観
拡大画像表示

 提供する機能に応じて、管理マネージャ機能を含んだフル機能のZabbixを搭載したモデルとして、1Uラックマウント大の「ZS-7500」(49万8000円、税別、以下同)と「ZS-5500」(29万8000円)を用意している。さらに、監視プローブ専用のZabbixプロキシを搭載したモデルとして、手のひら大の「ZP-1500」(14万9000円)を用意している(写真2)。

写真2:監視プローブ専用のハードウェアアプライアンス「ZP-1500」の外観写真2:監視プローブ専用のハードウェアアプライアンス「ZP-1500」の外観
拡大画像表示

 仮想アプライアンス版も用意した。仮想サーバー上にOSとZabbixをインストールした仮想マシンイメージをOVA(オープン仮想化フォーマット)ファイルの形式で提供する。Zabbixのサポートサービスに加入済みのユーザーは、無償でダウンロードして利用できる。提供する機能に応じて、フル機能の「ZS-V500」と、監視専用の「ZP-V500」を用意している。

 今回発表したアプライアンスは、搭載するZabbixのバージョンを、現行のZabbix 5.0にしている。Zabbix 5.0では、プラグインで機能を容易に追加可能な新たなエージェントを導入するなど、いくつかの機能を強化している(関連記事システム監視ソフト新版「Zabbix 5.0」、運用管理ソフトとの連携や監視テンプレートを強化)。

関連キーワード

Zabbix

関連記事

Special

-PR-

Zabbix 5.0搭載アプライアンス、機能追加が容易な新エージェントを採用ラトビア共和国のZabbixの日本支社であるZabbix Japanは2020年6月8日、システム監視ソフトウェアの「Zabbix」を小型サーバー機にプリインストールしたアプライアンス「Zabbix Enterprise Appliance」(全5モデル)を発表した。新版では、搭載するZabbixのバージョンを現行のZabbix 5.0にした。Zabbix 5.0では、プラグインで機能を容易に追加可能な新たなエージェントを導入するなど、いくつかの機能を強化している。価格(税別)は、ハードウェアのサーバーアプライアンスの下位モデルで29万8000円など。

PAGE TOP