データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本IBM、データ分析基盤の新版「Cloud Pak for Data V3.0」、2020年下期にクラウドサービス化

2020年6月15日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2020年6月15日、コンテナ型で提供するデータ分析基盤の新版「Cloud Pak for Data V3.0」を発表した。同年6月19日から提供する。新版では、稼働環境としてLinuxサーバー機「IBM PowerSystems」を追加したほか、新機能として計画立案アプリケーションを追加した。同年下半期にはさらに、クラウドサービスを開始するほか、エッジや拠点におけるAI活用を強化する。

 Cloud Pak for Data(CP4D)は、日本IBMのソフトウェア製品をコンテナ化したパッケージ製品「IBM Cloud Paks」の1つで、データ分析基盤ソフトウェアである(図1)。社内に分散しているデータを集める機能、データを分析できるように整備する機能、AIモデルを作る機能、AIモデルを仕事に活用する機能、――を包含する。日本IBMは「デジタル変革にはデータ基盤が必須だ」とアピールしている。

図1:Cloud Pak for Dataの概要。データ分析に必要な機能群を一通り備える。これらのソフトウェアをコンテナ型で提供する(出典:日本IBM)図1:Cloud Pak for Dataの概要。データ分析に必要な機能群を一通り備える。これらのソフトウェアをコンテナ型で提供する(出典:日本IBM)
拡大画像表示

 新版のV3.0では、機能を増やしたほか、コンテナの稼働環境として新たにLinuxサーバー機「IBM PowerSystems」を追加した。ベースとなるコンテナ基盤をRed Hat Openshift 4.3ベースとし、バックアップ機能などの非機能を強化した。さらに、パッケージを構成するソフトウェア群のユーザー体験(見た目や使い勝手)の一貫性を高めた。

 新コンポーネントとして、データ活用によって財務計画や人事計画などの計画(プランニング)を支援するアプリケーション「Planning Analytics」をパッケージに追加した(図2)。個別にPlanning Analyticsを導入することなく、Cloud Pak for Dataの機能コンポーネントとして計画立案アプリケーションを利用できる(Planning Analyticsのライセンスは別途必要)。

図2:Cloud Pak for Dataに追加した新コンポーネント「Planning Analytics」の概要。財務計画や人事計画などの計画(プランニング)を支援するアプリケーションをパッケージに追加した(出典:日本IBM)図2:Cloud Pak for Dataに追加した新コンポーネント「Planning Analytics」の概要。財務計画や人事計画などの計画(プランニング)を支援するアプリケーションをパッケージに追加した(出典:日本IBM)
拡大画像表示

●Next:クラウド化など、2020年下期に予定している強化ポイント

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

日本IBM / Cloud Pak for Data / コンテナ

関連記事

Special

-PR-

日本IBM、データ分析基盤の新版「Cloud Pak for Data V3.0」、2020年下期にクラウドサービス化日本IBMは2020年6月15日、コンテナ型で提供するデータ分析基盤の新版「Cloud Pak for Data V3.0」を発表した。同年6月19日から提供する。新版では、稼働環境としてLinuxサーバー機「IBM PowerSystems」を追加したほか、新機能として計画立案アプリケーションを追加した。同年下半期にはさらに、クラウドサービスを開始するほか、エッジや拠点におけるAI活用を強化する。

PAGE TOP