[事例ニュース]

川崎重工、SAP ERPからS/4HANAへの移行を開始、TISがアセスメントを実施

2020年7月1日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

川崎重工業は、SAP ERP 6.0からSAP S/4HANAへのマイグレーションを2020年4月に開始した。移行にあたってはTISの「SAP S/4HANAアセスメントサービス」を利用し、移行に必要なリソースを可視化した。アセスメントを手がけたTISが2020年6月30日に発表した。

 川崎重工業は、SAP ERP 6.0をグローバルで運用している。1997年にSAP R/3を人事システムとして導入したのを最初に、会計システムを導入し、SAP ERP 6.0へのマイグレーションを経て、2011年からは固定資産システムへも用途を拡大した。現在、海外7拠点、計12のインスタンスがグローバルで稼働している。

 SAP ERP 6.0の現行バージョンの保守サポート終了への対応として、2020年4月からS/4HANAへのマイグレーション(移行)を開始した。

 移行に先立ち、TISが提供する「SAP S/4HANAアセスメントサービス」を利用し、移行に必要なリソースを可視化した。S/4HANAは、従来のSAP ERP 6.0とデータベースの構造自体が大きく異なるため、S/4HANAへのマイグレーションには既存のアドオンの改修が必要である。このため、応ボリュームおよび人的リソースを割り出すアセスメントが必須だった。

 TISは、2018年10月にアセスメントを完了し、アドオン改修の対応ボリュームや人的リソースなど必要な工数をまとめたレポートを川崎重工業に提出した。2019年8月からは、海外拠点(北米、アジア、ヨーロッパなど)のS/4HANA移行に関するアセスメントも手がけ、一連の対応を2020年1月末までに実施した。

関連キーワード

川崎重工業 / TIS / SAP S/4HANA

関連記事

Special

-PR-

川崎重工、SAP ERPからS/4HANAへの移行を開始、TISがアセスメントを実施川崎重工業は、SAP ERP 6.0からSAP S/4HANAへのマイグレーションを2020年4月に開始した。移行にあたってはTISの「SAP S/4HANAアセスメントサービス」を利用し、移行に必要なリソースを可視化した。アセスメントを手がけたTISが2020年6月30日に発表した。

PAGE TOP