開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[市場動向]

ノンコーディングでWebアプリを構築できるAmazon Honeycodeなど、AWSが新サービスを紹介

2020年7月20日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は2020年7月20日、会見を開き、パブリッククラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)における同年4月から7月にかけての主要なアップデートについて説明した。新サービスでは、ノンコーディングでWebシステムを構築できるAmazon Honeycodeや、エッジデバイスのAWS Snowcone、ARMプロセッサであるGraviton2を使ったインスタンス、などを紹介した。

 パブリッククラウドサービスのAWSは、新サービスを随時開発し、提供している。AWSジャパンは会見を開き、2020年4月~7月にかけて提供を開始したAWSの新サービス群について紹介した。

 新サービスの1つ「Amazon Honeycode」(ベータ版)は、プログラムコードを記述することなくWebアプリケーションを構築できるサービスである(図1)。データベーステーブルを作成し、表計算ソフトウェアのような操作と設定によってWebアプリケーションを開発できる。例えば、Web入力フォームで選択/入力したデータをデータベースに登録する画面などを簡単に作成できる。Web画面からの対話入力を受け付けるアプリケーションだけでなく、Web APIを介して操作できるアプリケーションも構築できる。

図1:Amazon Honeycode(ベータ版)は、プログラムコードを記述することなくWebアプリケーションを構築できるサービス。データベーステーブルを作成し、表計算ソフトウェアのような操作と設定によってWebアプリケーションを開発できる(出典:アマゾンウェブサービスジャパン)図1:Amazon Honeycode(ベータ版)は、プログラムコードを記述することなくWebアプリケーションを構築できるサービス。データベーステーブルを作成し、表計算ソフトウェアのような操作と設定によってWebアプリケーションを開発できる(出典:アマゾンウェブサービスジャパン)
拡大画像表示

 新サービスの1つ「AWS Snowcone」は、オンプレミスのデータをオフラインでクラウドなどに転送する可搬ストレージの用途や、エッジコンピューティング用デバイスの用途に利用できる、小型コンピュータである(図2)。耐障害性を確保した小型コンピュータに、位置情報を計測可能なGPSを搭載している。大きさは約23×15×7.5cmで、8TBのストレージを搭載。重さは2キログラム。携帯用にバッテリで駆動する。

図2:AWS Snowconeは、オンプレミスのデータをオフラインでクラウドなどに転送する可搬ストレージの用途や、エッジコンピューティング用デバイスの用途に利用できる、小型コンピュータである(出典:アマゾンウェブサービスジャパン)図2:AWS Snowconeは、オンプレミスのデータをオフラインでクラウドなどに転送する可搬ストレージの用途や、エッジコンピューティング用デバイスの用途に利用できる、小型コンピュータである(出典:アマゾンウェブサービスジャパン)
拡大画像表示

●Next:AWS Graviton2プロセッサ、Interactive Video Service、AWS/Slack連携強化など

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

AWS / Honeycode / Snowcone

関連記事

Special

-PR-

ノンコーディングでWebアプリを構築できるAmazon Honeycodeなど、AWSが新サービスを紹介アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は2020年7月20日、会見を開き、パブリッククラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)における同年4月から7月にかけての主要なアップデートについて説明した。新サービスでは、ノンコーディングでWebシステムを構築できるAmazon Honeycodeや、エッジデバイスのAWS Snowcone、ARMプロセッサであるGraviton2を使ったインスタンス、などを紹介した。

PAGE TOP