[新製品・サービス]

三井情報、コンテナの利用環境をトレーミング込みでオンプレミスに導入するパッケージを販売

2020年7月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三井情報は2020年7月30日、コンテナの利用環境をユーザー企業に導入し、トレーニングとセットで提供するパッケージサービス「VMware TKGI on VxRailパッケージ」の販売を開始した。HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)アプライアンス「Dell EMC VxRail」とコンテナ基盤管理ソフトウェア「VMware Tanzu Kubernetes Grid Integrated Edition」(TKGI)を利用する。

 VMware TKGI on VxRailパッケージは、コンテナの利用環境をユーザー企業に導入し、トレーニングとセットで提供するパッケージ製品である(図1)。HCIのVxRaiの上に、コンテナ基盤ソフトウェアのTKGIをユーザー企業に合わせて設計・構築する。並行して、ユーザーがコンテナをすぐに利用開始できるように、トレーニングを提供する。

図1:VMware TKGI on VxRailパッケージの内容(出典:三井情報)図1:VMware TKGI on VxRailパッケージの内容(出典:三井情報)

 同パッケージの利用する効果として、オンプレミス環境にアプリケーション開発環境を構築する期間が、最大で2~3カ月短縮できるとしている。また、コンテナ基盤をTKGIで運用することによって、コンテナの利用と管理がシンプルになるとしている。

 背景には、オンプレミス環境でコンテナを利用することが難しいという状況がある。Kubernetesなどのコンテナ基盤ソフトウェアの利用や、既存ネットワークへの通信を考慮した全体ネットワーク設計、コンテナの運用管理、――などの知識が求められ、開発技術者やIT担当者では導入が難しい場合がある。

 なお、VMware Tanzuは、コンテナの開発・実行・管理基盤である。サーバー仮想化ソフトのVMware vSphereにコンテナ運用基盤のKubernetesを組み込んだ製品を中核に、コンテナ環境の管理製品などを組み合わせている。

関連キーワード

三井情報 / Tanzu

関連記事

Special

-PR-

三井情報、コンテナの利用環境をトレーミング込みでオンプレミスに導入するパッケージを販売三井情報は2020年7月30日、コンテナの利用環境をユーザー企業に導入し、トレーニングとセットで提供するパッケージサービス「VMware TKGI on VxRailパッケージ」の販売を開始した。HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)アプライアンス「Dell EMC VxRail」とコンテナ基盤管理ソフトウェア「VMware Tanzu Kubernetes Grid Integrated Edition」(TKGI)を利用する。

PAGE TOP