データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

リアライズ、データ管理基盤の導入から運用までを支援するSIサービスを提供

2020年9月15日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

リアライズとNTTデータビジネスシステムズは2020年9月15日、データ管理基盤の導入から運用までを支援するサービス「データ視点アプローチによるデータマネジメント基盤サービス」を発表した。データ分析を経営に活用できるように、データの収集・蓄積、データの加工と整備、データの活用、を一貫して支援する。

 「データ視点アプローチによるデータマネジメント基盤サービス」は、データドリブン経営を目指すユーザー企業を対象に、データ管理基盤の導入から運用までを支援するサービスである(図1)。データ分析基盤の提供に合わせて、データの収集、蓄積、整備、活用までを一元管理できる仕組みや運用体制を構築する。

図1:「データ視点アプローチによるデータマネジメント基盤サービス」の概要(出典:リアライズ、NTTデータビジネスシステムズ)図1:「データ視点アプローチによるデータマネジメント基盤サービス」の概要(出典:リアライズ、NTTデータビジネスシステムズ)
拡大画像表示

 サービスメニューは、(1)「データブレンディングサービス」、(2)「基盤構築サービス」、(3)「システム運用・定着化支援サービス」、――の3つで構成する(表1)。ユーザーの目的や状況に応じて、必要とするサービスを選んで導入できる。

表1:「データ視点アプローチによるデータマネジメント基盤サービス」のサービスメニュー(出典:リアライズ、NTTデータビジネスシステムズ)表1:「データ視点アプローチによるデータマネジメント基盤サービス」のサービスメニュー(出典:リアライズ、NTTデータビジネスシステムズ)
拡大画像表示

 (1)のデータブレンディングサービスでは、マスター統合/データモデリング、データクレンジング/名寄せ、データカタログ作成支援、データガバナンス支援、マスターデータ移行支援、分析支援、――などのサービスを提供する。

 (2)の基盤構築サービスでは、ETL(抽出/加工/登録)ツールやデータレイクの整備などデータ管理基盤を構築するほか、BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアなどを用いてデータ分析システムを構築する。

 (3)のシステム運用・定着化支援サービスでは、システムの運用サービスや、データ分析支援サービス、データ分析の研修サービスなどを提供する。

 背景には、データドリブン経営のためにDMP(データ管理基盤)やCDP(顧客データ基盤)などがあるが、単に基盤を導入しただけではデータを活用できないという状況がある。DMP/CDPにどのようなデータを入れ、どのように管理し、どのように分析につなげるのかという「データ視点でのアプローチ」を検討する必要がある。

関連キーワード

リアライズ / NTTデータビジネスシステムズ

関連記事

Special

-PR-

リアライズ、データ管理基盤の導入から運用までを支援するSIサービスを提供リアライズとNTTデータビジネスシステムズは2020年9月15日、データ管理基盤の導入から運用までを支援するサービス「データ視点アプローチによるデータマネジメント基盤サービス」を発表した。データ分析を経営に活用できるように、データの収集・蓄積、データの加工と整備、データの活用、を一貫して支援する。

PAGE TOP