[新製品・サービス]

CTC、AI顔認証エンジン「Ayonix FaceID」と関連SIサービスを提供

2020年9月17日(木)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2020年9月16日、AIを用いた顔認証エンジン「Ayonix FaceID」の提供と、関連SIサービスを開始した。オフィスや施設での入退室で顔認証の導入を検討している企業や、業務プロセスの改革で顔認証の活用を考えている企業に向けて販売する。販売目標は、SIサービスを含めて3年間で10億円。Ayonix FaceIDの開発会社は、アヨニックス。

 Ayonix FaceIDは、ディープラーニング(深層学習)を活用した顔認証エンジンソフトウェアである(図1)。顔の検知や本人特定に加えて、年齢検知、笑顔判断、顔追跡などができる。

図1:「Ayonix FaceID」の概要(出典:伊藤忠テクノソリューションズ)図1:「Ayonix FaceID」の概要(出典:伊藤忠テクノソリューションズ)
拡大画像表示

 エンジンは、スマートデバイスを含めた各種OSで動作する。既存のWebカメラやサーバーを利用して顔認証システムを実現できる。顔の特徴を抽出する独自の技術により、GPUを必要とせずに利用できる。

 Ayonix FaceIDを搭載したAyonixのIPカメラ「AICAM」も販売する。顔認証に必要な画像解析をエッジとなるカメラで処理できる。

 CTC自身も、オフィスへの入室での衛生管理、スムーズな認証、共連れといった不正入室の検知を目的に、従来の指紋・静脈認証に代えて、2018年からAyonix FaceIDを利用している。

 今後、CTCとAyonixは共同で、PCへのログインやネットワークカメラ管理システムとの連携、マスク着用時の顔認識、サーモグラフィを併用した体温検知、――などの機能拡張を図る。

関連キーワード

伊藤忠テクノソリューションズ / Ayonix FaceID

関連記事

Special

-PR-

CTC、AI顔認証エンジン「Ayonix FaceID」と関連SIサービスを提供伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2020年9月16日、AIを用いた顔認証エンジン「Ayonix FaceID」の提供と、関連SIサービスを開始した。オフィスや施設での入退室で顔認証の導入を検討している企業や、業務プロセスの改革で顔認証の活用を考えている企業に向けて販売する。販売目標は、SIサービスを含めて3年間で10億円。Ayonix FaceIDの開発会社は、アヨニックス。

PAGE TOP