[新製品・サービス]

富士通、グローバル/グループ全体でERPを1つに統合、DXビジョン「フジトラ」で未来予測型の経営を目指す

2020年10月5日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2020年10月5日、全社デジタル変革プロジェクト「Fujitsu Transformation:フジトラ」を同年7月に立ち上げ、10月から実行フェーズに入ったと発表した。データドリブン経営の最初の取り組みとして、グローバル/グループ全体でERP(統合基幹システム)を1つに統合する。これらを含め、富士通自身のデジタル変革への取り組みに1000億円を超える額を投資する。

 富士通が、全社のデジタルトランスフォーメーション(DX)プロジェクトの状況を報告した。

 「Fujitsu Transformation:フジトラ」と名付けた全社DXプロジェクトを2020年7月に立ち上げ、10月より実行する。体制として、同社社長兼CDXOの時田隆仁氏と、2020年4月にSAPジャパンから入社した執行役員常務CIO兼CDXO補佐の福田譲氏のリーダーシップのもと、部門・グループ・リージョン横断で富士通グループ全体の変革に取り組む(写真1)。

写真1:富士通 社長兼CDXOの時田隆仁氏(写真左)と、2020年4月にSAPジャパンから入社した執行役員常務CIO兼CDXO補佐の福田譲氏(写真右)写真1:富士通 社長兼CDXOの時田隆仁氏(写真左)と、2020年4月にSAPジャパンから入社した執行役員常務CIO兼CDXO補佐の福田譲氏(写真右)

 取り組みの1つが、データドリブン経営である。データドリブン経営の最初の取り組みとして、グローバル/グループ全体でERP(統合基幹システム)を1つに統合する“グローバルシングルインスタンスERP”を構築する(図1)。

図1:グローバル/グループ全体でERP(統合基幹システム)を1つに統合する“グローバルシングルインスタンスERP”を構築する(出典:富士通)図1:グローバル/グループ全体でERP(統合基幹システム)を1つに統合する“グローバルシングルインスタンスERP”を構築する(出典:富士通)

 ERPを1つに統合することの狙いは、経営、業務プロセス、データ、ITを標準化すること。これにより、データに基づいてリアルタイムに経営状態を把握し、未来を予測できる。富士通では、「富士通のデジタルツインを構築する」としている。

●Next:富士通が全グループのERP統合で目指すこと

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

富士通 / デジタルトランスフォーメーション / ERP

関連記事

Special

-PR-

富士通、グローバル/グループ全体でERPを1つに統合、DXビジョン「フジトラ」で未来予測型の経営を目指す富士通は2020年10月5日、全社デジタル変革プロジェクト「Fujitsu Transformation:フジトラ」を同年7月に立ち上げ、10月から実行フェーズに入ったと発表した。データドリブン経営の最初の取り組みとして、グローバル/グループ全体でERP(統合基幹システム)を1つに統合する。これらを含め、富士通自身のデジタル変革への取り組みに1000億円を超える額を投資する。

PAGE TOP