ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

社員の出社状況や労働時間を見える化するクラウドサービスを強化、NECソリューションイノベータ

2020年10月14日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECソリューションイノベータは2020年10月14日、労働時間を見える化して時間外勤務を防止するクラウドサービス「NEC 働き方見える化サービス Plus」を強化した。新たに、社員の出社状況を見える化した。メンバーが登録した勤務予定から、各勤務地の出社予定人数や出社予定率、在宅勤務予定人数を表示できる。価格(税別)は、1ユーザーIDあたり月額250円(ライトプラン)からで、最小利用人数は10ユーザーID。販売目標は、今後3年間で50万ユーザーID。

 NEC 働き方見える化サービス Plusは、社員の勤務時間、休暇、タスクなどを見える化し、時間外労働を防止するクラウドサービスである。ダッシュボード上で、時間外勤務時間の予測、休暇取得状況、タスク状況などを把握できる。これにより、社員の負荷状況が分かる。

 勤務時間の管理機能を使うと、時間外勤務を申請制にして、残業を個々の従業員に任せないようにできる。社員が申告した勤務時間と、実際のPC操作履歴を比較し、合っているかどうかを把握できる。サービス残業を抑制できる。休暇管理機能では、休暇の取得状況をカレンダー形式で見える化する。グループ内の休暇の重なりを把握できるため、休暇が取得しやすくなる。

 今回の新版では、勤務地ごとの出社率を表示できるようにした(画面1)。社員が登録した勤務予定データから、勤務地ごとの出社予定人数、出社予定率、在宅勤務予定人数、――を集計して表示する。勤務地ごとに出社可能な割合を設定すると、上限に近づいた場合にはアラートを表示する。登録した勤務予定データは、チームメンバーの負荷状況を共有するダッシュボードにも表示できる。

画面1:勤務地別の出社予定人数の画面イメージ(出典:NEC)画面1:勤務地別の出社予定人数の画面イメージ(出典:NEC)
拡大画像表示

 新版では、Windows環境だけでなく、macOS環境でも利用できるようにした。主にMacを利用する企業でもサービスを活用できるようになった。PCをロックして使えなくする機能については、macOSへの対応は2020年12月以降を予定する。

 2020年11月下旬には、PCの操作ログから、アプリケーションの使用時間などを組織別や時間帯別でレポートする機能をオプションで提供する(画面2)。価格は、月額10万円から。業務時間中または残業時間中のアプリケーションの使用状況を組織間で比較することで、生産性の高い部門の働き方が分かる。

画面2:PCのログからアプリケーションの使用傾向をレポートする画面イメージ(出典:NEC)画面2:PCのログからアプリケーションの使用傾向をレポートする画面イメージ(出典:NEC)
拡大画像表示

 なお、同サービスは、NECおよびNECソリューションイノベータが実際に利用している。社員3万4000人を対象に導入し、リモートワーク環境の勤務状況を見える化している。

関連キーワード

NECソリューションイノベータ

関連記事

Special

-PR-

社員の出社状況や労働時間を見える化するクラウドサービスを強化、NECソリューションイノベータNECソリューションイノベータは2020年10月14日、労働時間を見える化して時間外勤務を防止するクラウドサービス「NEC 働き方見える化サービス Plus」を強化した。新たに、社員の出社状況を見える化した。メンバーが登録した勤務予定から、各勤務地の出社予定人数や出社予定率、在宅勤務予定人数を表示できる。価格(税別)は、1ユーザーIDあたり月額250円(ライトプラン)からで、最小利用人数は10ユーザーID。販売目標は、今後3年間で50万ユーザーID。

PAGE TOP