[新製品・サービス]

複合機のタッチパネル操作から帳票のAI-OCR処理を実行可能に、富士ゼロックスが連携ツールを提供

2020年11月11日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士ゼロックスは2020年11月11日、クラウド型AI-OCRサービス「DX Suite」(AI inside製)と複合機の連携動作を可能にする「クラウド連携アプリケーション for DX Suite」の提供を開始した。複合機にインストールすることで、タッチパネルのボタン操作だけで帳票のAI-OCR処理までを実行できるようになる。これに合わせて、DX Suiteの販売も開始した。

 富士ゼロックスの「クラウド連携アプリケーション for DX Suite」は、複合機の機能を拡張し、クラウド型AI-OCRサービスと複合機の連携動作を可能にするツールである(図1)。複合機にインストールして使う。複合機のタッチパネルのボタン操作だけで、帳票を読み取ってAI-OCR処理までを実行できる。富士ゼロックスのデジタルカラー複合機「ApeosPortシリーズ」で利用できる。

図1:「クラウド連携アプリケーション for DX Suite」の概要(出典:富士ゼロックス)図1:「クラウド連携アプリケーション for DX Suite」の概要(出典:富士ゼロックス)
拡大画像表示

 従来は、AI-OCR処理の前に、読み取る帳票データの解像度などを手動で設定する必要があった。複合機で帳票を読み取った後は、クライアントPCに帳票データを取り込み、クライアントPCからDX Suiteへと帳票データをアップロードし、AI-OCR処理を指示する必要があった。

 クラウド連携アプリケーション for DX Suiteでは、AI-OCRの処理に適した解像度などをあらかじめ設定してある。このため、クライアントPCに取り込むことなく、複合機のタッチパネルのボタン操作だけで帳票の記載内容をAI-OCR処理してデータ化できる。

 別途、富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」に帳票データを格納すれば、読み取った帳票データをクラウド上で一元管理できる。帳票データを共有して検索できる。また、電子文書を紙のように扱える富士ゼロックスの文書管理ソフトウェア「DocuWorks」を利用すれば、AI-OCR処理した帳票データを効率よく閲覧できる。

関連キーワード

富士ゼロックス / AI inside / OCR / AI-OCR / 複合機

関連記事

Special

-PR-

複合機のタッチパネル操作から帳票のAI-OCR処理を実行可能に、富士ゼロックスが連携ツールを提供富士ゼロックスは2020年11月11日、クラウド型AI-OCRサービス「DX Suite」(AI inside製)と複合機の連携動作を可能にする「クラウド連携アプリケーション for DX Suite」の提供を開始した。複合機にインストールすることで、タッチパネルのボタン操作だけで帳票のAI-OCR処理までを実行できるようになる。これに合わせて、DX Suiteの販売も開始した。

PAGE TOP