[事例ニュース]

三井住友銀行、行員と顧客のコミュニケーションにLINE WORKSを導入

2020年12月25日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三井住友銀行は、顧客とのコミュニケーション手段として「LINE WORKS」の利用を開始した。支店に勤務する行員にLINE WORKSのアカウントを付与することで、行員のLINE WORKSと顧客のLINEとの間でコミュニケーションをとれるようにする。ワークスモバイルジャパンが2020年12月25日に発表した。メガバンクによる顧客とのコミュニケーションを目的とした「LINE WORKS」導入は国内初としている。

 三井住友銀行は、顧客とのコミュニケーション手段として「LINE WORKS」を導入した。支店に勤務する行員にLINE WORKSのアカウントを付与し、行員のLINE WORKSと顧客のLINEとの間でコミュニケーションをとれるようにした。

 従来は、主に対面、電話、メールなどの手段で顧客とコミュニケーションをとってきた。今後は、これらに加えてLINEを使ってコミュニケーションをとれるようにした。顧客が慣れているコミュニケーション手段を選択できるようにすることで、顧客の利便性を高めた。

 LINE WORKSは、ビジネス用途のLINEである。チャットやスタンプのほか、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートといったグループウェア機能を揃えている。LINE同様の使い勝手で利用できることから、ユーザーを教育することなく利用を開始できる。

関連キーワード

三井住友銀行 / LINE WORKS / ワークスモバイルジャパン / 銀行 / 金融

関連記事

Special

-PR-

三井住友銀行、行員と顧客のコミュニケーションにLINE WORKSを導入三井住友銀行は、顧客とのコミュニケーション手段として「LINE WORKS」の利用を開始した。支店に勤務する行員にLINE WORKSのアカウントを付与することで、行員のLINE WORKSと顧客のLINEとの間でコミュニケーションをとれるようにする。ワークスモバイルジャパンが2020年12月25日に発表した。メガバンクによる顧客とのコミュニケーションを目的とした「LINE WORKS」導入は国内初としている。

PAGE TOP