[新製品・サービス]

日立、システム運用管理の新版「JP1 V12.5」、障害対応時の対処案を提示して属人性を排除

2021年1月21日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2021年1月21日、システム運用管理ソフトウェア「JP1」の新版「JP1 V12.5」の販売を開始した。新版では、システム監視のJP1/IM2と、ジョブスケジューラのJP1/AJS3という2つの中核製品を中心に強化した。2021年3月31日からは、これらをSaaS型で利用できる新サービス「JP1 Cloud Service」も開始する。

 JP1は、システム運用管理ソフトウェアである(関連記事日立の運用管理ソフト新版「JP1 Version 12」、クライアント用ジョブ管理でRPAを含めて自動化)。JP1ブランドの下、用途に応じて多数の運用管理ソフトウェアを用意している。システム統合監視、ネットワーク管理、ジョブ管理、性能監視、IT運用自動化、インベントリ管理/ソフトウェア配布、データバックアップ、セキュリティ管理、サービスデスクなど、運用管理の各分野ごとに製品を用意している。

 今回の新版では、システム監視ソフトウェア「JP1/Integrated Management 2」(JP1/IM2)と、ジョブスケジューラ「JP1/Automatic Job Management System 3」(JP1/AJS3)という、2つの中核製品を中心に強化した(図1)。2021年3月31日からは、これら2つのソフトウェアをSaaS型で提供する新サービス「JP1 Cloud Service」も提供する。

図1:「JP1」最新版のイメージ(出典:日立製作所)図1:「JP1」最新版のイメージ(出典:日立製作所)

 価格(税別)は、システム監視のJP1/IM2が60万円から、ジョブスケジューラのJP1/AJS3が27万円から。JP1 Cloud Serviceは、JP1/IM2のSaaS版「統合管理プラットフォーム」が月額39万円から、JP1/AJS3のSaaS版「ジョブ管理プラットフォーム」が39万円から、JP1/AJS3の運用状況を可視化するクラウドサービス「ジョブ運用データ分析サービス」が月額6万円から。

システム障害時の対処案を提示して管理の属人性を排除

 強化した中核製品の1つである「JP1/Integrated Management 2」(JP1/IM2)は、システムの稼働状況などを監視する統合監視コンソールソフトウェアである。WindowsのイベントログやUNIXのsyslog、業務の実行状況などの通知を収集し、JP1イベントとして一元的に監視できる。別途SNMPマネージャソフトウェアを組み合わせることで、SNMPトラップも監視できる。

 JP1/IM2の新版では、システム監視の中でも緊急度や属人性が高い障害対応において、リアルタイムなシステム状況に応じて的確な対処内容を提案する新機能を追加した(図2の上部)。これにより、システム監視に携わる運用担当者のスキル依存を軽減する。

図2:「JP1 V12.5」の新機能の利用イメージ(出典:日立製作所)図2:「JP1 V12.5」の新機能の利用イメージ(出典:日立製作所)

 具体的には、各JP1製品で検知した障害によって影響を受ける業務の実行状況や、影響を受けるシステムリソース状況など、各種の運用情報に応じた対処案を、JP1/IM2の統合オペレーション画面に一覧表示する。運用担当者は、これを選択することによって、適切な対処を実行できる。

 例えば、サーバーの障害が発生した場合、運用担当者は、影響を受ける業務の確認、担当するエンジニアへの連絡、原因調査用画面の表示、といった対処案に従って、迅速に対処できる。運用スキルが要らなくなるほか、運用管理の属人性を軽減できる。

●Next:ジョブ管理ソフトウェアの強化ポイント

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

日立製作所 / JP1

関連記事

Special

-PR-

日立、システム運用管理の新版「JP1 V12.5」、障害対応時の対処案を提示して属人性を排除日立製作所は2021年1月21日、システム運用管理ソフトウェア「JP1」の新版「JP1 V12.5」の販売を開始した。新版では、システム監視のJP1/IM2と、ジョブスケジューラのJP1/AJS3という2つの中核製品を中心に強化した。2021年3月31日からは、これらをSaaS型で利用できる新サービス「JP1 Cloud Service」も開始する。

PAGE TOP