[新製品・サービス]

リコーリースとALSOK、リース切れPCのストレージを破壊して返却する「データ消去サービス」

2021年2月26日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

リコーリースと綜合警備保障(ALSOK)は2021年2月26日、リース期間や賃貸借期間が終了したPCやサーバー機のデータを消去する「データ消去サービス」を共同で開始する。2021年3月1日から提供する。リコーリースとALSOKにおける首都圏エリア(東京、神奈川、千葉、埼玉)の事業所で取り扱いを始め、その後、サービス提供の対象を全国に拡大する。

 リコーリースと綜合警備保障(ALSOK)の「データ消去サービス」は、リース期間や賃貸借期間が終了したPCやサーバー機のデータを消去するサービスである(図1)。リコーリースから調達したPCやサーバーのストレージから機密情報や個人情報などが漏洩しないように、安全にデータを消去する。データ消去後のPCやサーバーはリコーリースに返却し、ユーザーには完了報告レポートを提供する。

図1:リース切れPCのストレージを破壊して返却する「データ消去サービス」の概要(出典:リコーリース、綜合警備保障)図1:リース切れPCのストレージを破壊して返却する「データ消去サービス」の概要(出典:リコーリース、綜合警備保障)
拡大画像表示

 PCやサーバー機を返却する際に、ALSOKの警備輸送車両を使って、厳重な管理体制のもとで集荷・輸送する。PCやサーバー機は、ALSOKの施設に入庫し、施設では現金などと同様の管理体制でハードディスクを物理的に破壊する。実施結果は、ハードディスクの破壊状況を画像付きのレポートとして提出する。

 提供の背景として両社は、PCやサーバー機には、機密情報や個人情報など、漏洩してはならないデータが含まれているという状況を挙げる。「2020年12月には総務省から『地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン』が公表され、特に自治体においては、安全で確実な情報関連機器の廃棄やデータ消去が求められている」(同社)

関連キーワード

リコーリース / 綜合警備保障

関連記事

Special

-PR-

リコーリースとALSOK、リース切れPCのストレージを破壊して返却する「データ消去サービス」リコーリースと綜合警備保障(ALSOK)は2021年2月26日、リース期間や賃貸借期間が終了したPCやサーバー機のデータを消去する「データ消去サービス」を共同で開始する。2021年3月1日から提供する。リコーリースとALSOKにおける首都圏エリア(東京、神奈川、千葉、埼玉)の事業所で取り扱いを始め、その後、サービス提供の対象を全国に拡大する。

PAGE TOP