[市場動向]

みずほ銀行、ATM関連のシステム障害が復旧、定期預金取引のデータ移行作業が原因

2021年3月1日(月)河原 潤(IT Leaders編集部)

みずほ銀行は2021年3月1日、前日2月28日午前、システム障害によって同行の一部ATM(現金自動預け払い機)やインターネットバンキングサービスが停止した問題について、当該のシステムは復旧し、停止に陥ったサービスを順次再稼働させていると発表した。定期預金取引のデータ移行作業によってシステム障害が発生したという。

 2021年2月28日日曜日の午前、みずほ銀行の一部のATM(店舗および店舗外設置)が停止し、ATMとインターネットバンキングサービスの「みずほダイレクト」(画面1)が利用できない状態が発生した。

 同行は翌3月1日、Webサイトでシステム障害に関する情報を更新し、「システム不具合は、原因が定期預金取引のデータ移行作業にて障害が発生したものと判明し、現在当該システムは復旧している」(同行)ことを明らかにした。

 発表によると、同行のATMと通帳繰越機について、機器の再起動を実施した店舗より順次復旧。支店などの有人店舗に設置されたものはすべて稼働している。店舗外ATMは順次作業員を派遣している状況だという。みずほダイレクトについては、定期預金とグローバル口座サービスの一部の取引が行えなかったが、同日0時に復旧し通常どおり利用できるようになっている。

 なお、イオン銀行、イーネット(ファミリーマート等に設置)、セブン銀行、ローソン銀行に設置されているATMは今回のシステム障害の影響を受けていない。

画面1:インターネットバンキングサービスの「みずほダイレクト」で一部の取引が行えない不具合が発生した
拡大画像表示
関連キーワード

みずほ銀行 / ATM / システム障害 / 銀行 / 金融 / みずほフィナンシャルグループ / インターネットバンキング

関連記事

Special

-PR-

みずほ銀行、ATM関連のシステム障害が復旧、定期預金取引のデータ移行作業が原因みずほ銀行は2021年3月1日、前日2月28日午前、システム障害によって同行の一部ATM(現金自動預け払い機)やインターネットバンキングサービスが停止した問題について、当該のシステムは復旧し、停止に陥ったサービスを順次再稼働させていると発表した。定期預金取引のデータ移行作業によってシステム障害が発生したという。

PAGE TOP