[新製品・サービス]

日立Sol、アジャイルやDevOpsを取り入れた内製化支援オンラインサービスを提供

2021年3月31日(水)IT Leaders編集部

日立ソリューションズは2021年3月30日、企業によるクラウドアプリケーション開発の内製化を支援する「モダンアプリケーション開発支援ソリューション」を発表した。アジャイルやDevOpsなどの開発手法を取り入れて、同年4月1日から提供する。価格は個別見積り。

 日立ソリューションズの「モダンアプリケーション開発支援ソリューション」は、企業によるクラウドアプリケーション開発の内製化を支援するサービスである。アジャイルやDevOpsなどの開発手法を取り入れている(図1)。

図1:「モダンアプリケーション開発支援ソリューション」の概要(出典:日立ソリューションズ)図1:「モダンアプリケーション開発支援ソリューション」の概要(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 日立ソリューションズは、2020年12月にアイデア創出から仮説構築、価値検証、ビジネスモデル構築まで、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するオンラインサービス「DXラボ」を開設している。このDXラボからモダンアプリケーション開発支援ソリューションを提供する。

 DXラボにユーザーと協創して開発するためのオンラインスタジオを開設し、日立ソリューションズのエンジニアが、トレーニングプログラムや各種ツールなどを活用してクラウドアプリケーションの開発を支援する。

 トレーニングプログラムとして、日本マイクロソフトが提供する開発内製化支援プログラム「Cloud Native Dojo」(Microsoft Azureへのクラウドシフトを支援)と、ヴイエムウェアが提供するアプリケーション開発実践プログラム「VMware Tanzu Labs」(アジャイルやDevOpsなどを活用)を用意する。

関連キーワード

日立ソリューションズ / DevOps / 内製化 / システム開発 / アジャイル

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、アジャイルやDevOpsを取り入れた内製化支援オンラインサービスを提供日立ソリューションズは2021年3月30日、企業によるクラウドアプリケーション開発の内製化を支援する「モダンアプリケーション開発支援ソリューション」を発表した。アジャイルやDevOpsなどの開発手法を取り入れて、同年4月1日から提供する。価格は個別見積り。

PAGE TOP