[新製品・サービス]

ALSI、クラウド型Webゲートウェイ「InterSafe GatewayConnection」の管理機能を強化

2021年4月20日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は2021年4月19日、クラウド型で提供するWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」の管理機能を強化した。アプリのインストールとセットアップが完了したデバイスを管理コンソールで一覧表示する機能など、運用管理に役立つ4つの新機能を追加した。

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI)の「InterSafe GatewayConnection」は、クラウド型で提供するWebゲートウェイサービスである(関連記事出口対策のクラウド型Webゲートウェイを強化しウイルス侵入対策を追加―ALSI)。Webプロキシサーバーとして使うことで、インターネットへのWebアクセスを中継・仲介する。URLフィルタリング機能と、C&C(司令塔)サーバーなど脅威サーバーへの通信をブロックする機能を提供する。

 今回、運用管理機能を強化し、以下の4つの機能を追加した。

 (1)アプリのインストールとセットアップが完了したデバイスを管理コンソールで一覧表示できるようにした。検索や一括出力もできる。InterSafe GatewayConnectionやデバイスを導入した際のデバイス管理機能として利用できる。

 (2)Windowsへのインストール機能を拡張し、アカウントの仮登録や自動グループ分けができるようにした。デバイス管理機能とあわせて利用することで、端末導入時の運用管理工数を削減できる。

 (3)社内LAN接続時は既設のプロキシサーバーを利用し、InterSafe GatewayConnectionのURLフィルタリングを停止できるようにした。

 (4)アプリケーションや社内LANなど、特定ホストへのアクセスに対するURLフィルタリングを無効化できるようにした。特定のサービスを利用する際のパフォーマンスが向上する。

関連キーワード

アルプスシステムインテグレーション / InterSafe / Webゲートウェイ

関連記事

Special

-PR-

ALSI、クラウド型Webゲートウェイ「InterSafe GatewayConnection」の管理機能を強化アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は2021年4月19日、クラウド型で提供するWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」の管理機能を強化した。アプリのインストールとセットアップが完了したデバイスを管理コンソールで一覧表示する機能など、運用管理に役立つ4つの新機能を追加した。

PAGE TOP