[新製品・サービス]

POSレジアプリ「NECモバイルPOS」に新版、飲食店の多様なサービス・運営形態に対応

2021年8月5日(木)IT Leaders編集部

NECは2021年8月4日、iPad/iPhoneをPOSレジ端末にする「NECモバイルPOS」の新版(Ver2.38.0)を発表した。新版では、飲食店の店舗運営を支援する機能として、デリバリー・テイクアウト注文への対応などを追加している。

 NECの「NECモバイルPOS」は、iPad/iPhoneをPOS(販売時点情報管理)レジ端末にするクラウド型POSソフトウェア/モバイルアプリケーションである。業務環境に応じて、キャッシュドロアーやレシートプリンタなどの周辺機器を組み合わせて使う。

 新版のVer2.38.0では、デリバリー・テイクアウト注文などの外部注文サービスに対応したのをはじめ、キャッシュレス決済連携の拡大、周辺機器としてセルフ会計用の釣銭機の接続をサポートしている。新たなサービス形態をカバーすることで、飲食店の店舗運営を支援する。

外部注文サービスへの対応
 外部注文サービス(デリバリー・テイクアウト注文媒体)とNECモバイルPOSのオーダーアプリ/キッチンプリンタを連携させられるAPIを公開した。これにより、宅配デリバリアプリからの注文データをNECモバイルPOSで直接受け取り、厨房への調理指示などができるようになった。

図1:API連携でデリバリ・テイクアウト注文をカバー(出典:NECモバイルPOS)図1:API連携でデリバリ・テイクアウト注文をカバー(出典:NECモバイルPOS)
拡大画像表示

詳細な集計への対応
 商品オプションと商品マスターをひも付けて、詳細な集計を可能にした。例えば、ランチメニューにドリンクが設定されている場合、顧客が何を選択して注文したかを記録し、売上データに明細として記録できるようになる。なお、同機能はベータ版リリースであり、ひも付けの設定は2021年7月28日から行えるが、分析画面への反映は8月18日の売上データからになる。

マルチ決済端末との連携
 マルチ決済端末と連携して、カード会社別に売上を集計できるようになった。管理画面上でカード会社別の集計を表示する。対象となる決済サービスは、JETS(CT-5100)、INFOX(JT-C16)、CAFIS Arch(JT-C31)、Stera、iRITSPay)。

セルフ決済専用の自動釣銭機への接続
 セルフ決済専用の自動釣銭機との接続が可能になり、グローリー製セルフ専用自動釣銭機「RT-380/RAD-380」に対応する。現金を利用する顧客は今でも多く、セルフ決済を組み合わせることで、顧客と従業員の接触機会を減らし、会計作業時間を短縮できる。

新しいバーコードスキャナへの対応
 1次元バーコードとQRコードを1台で読み取れる新たなバーコードスキャナをサポートした。ハネウェル(Honeywell)製「Voyager 1472g」へのBluetooth接続に対応する。

 NECモバイルPOSの価格は個別見積もり。NECは初期導入費の想定を物販店で10万円前後、飲食店で20万円前後、月額利用料の想定を月額数千円からとしている。

関連キーワード

NEC / POS / 小売 / 外食 / iPhone / スマートデバイス

関連記事

Special

-PR-

POSレジアプリ「NECモバイルPOS」に新版、飲食店の多様なサービス・運営形態に対応NECは2021年8月4日、iPad/iPhoneをPOSレジ端末にする「NECモバイルPOS」の新版(Ver2.38.0)を発表した。新版では、飲食店の店舗運営を支援する機能として、デリバリー・テイクアウト注文への対応などを追加している。

PAGE TOP