[オピニオン from CIO賢人倶楽部]

「ヤマアラシのジレンマ」から適切な距離感を学ぶ

全日本空輸 イノベーション推進部 部長 野村泰一氏

2021年8月6日(金)CIO賢人倶楽部

「CIO賢人倶楽部」は、企業における情報システム/IT部門の役割となすべき課題解決に向けて、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)同士の意見交換や知見共有を促し支援するユーザーコミュニティである。IT Leadersはその趣旨に賛同し、オブザーバーとして参加している。本連載では、同倶楽部で発信しているメンバーのリレーコラムを転載してお届けしている。今回は、全日本空輸 イノベーション推進部 部長の野村泰一氏によるオピニオンである。

 読者の皆様は「ヤマアラシのジレンマ」という話をご存じでしょうか。ドイツの哲学者であるアルトゥール・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer)が作った寓話です。映画にもなったアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が好きな方でしたら、エヴァの開発者である赤木リツコが人間関係作りが下手な主人公の碇シンジに向かって、「ヤマアラシのジレンマは、人間にも同じことが言える」といったセリフを思い出していただければと思います。

 ヤマアラシは背中に長く鋭い針状の毛を持つ哺乳類です(写真1)。敵を威嚇する際に尾を振って大きな音を立てるのですが、その音が山に吹き荒れる嵐のようだというところから、その名が付きました。同じ針を持つ動物のハリネズミやハリモグラが防御的に針を利用しているのに対し、ヤマアラシは針を逆立てて後ろ向きに突進するなど攻撃的に針を活用します。ホント、名前にふさわしい行動です。

写真1:「ヤマアラシのジレンマ」の英語表記は「Porcupine's dilemma」だが、姿形の似たハリネズミのほうが馴染みがあるせいか「Hedgehog's dilemma」という表記も広く用いられている(写真提供:Getty Images)

 そんなヤマアラシのジレンマは、「ある冬の寒い日、ヤマアラシは暖を求めて集まりました。ところが互いの針が刺さるので、あわてて離れました。でも、やっぱり寒いからと近づくと、また針が刺さります。そんなことを繰り返しているうちにちょうどよい距離を見つけることができた」というお話です。ショーペンハウアーはこの話を通じて、人と人との適切な距離のあり方を説明し、自己の自立と一体感のバランスを説きました。いかにも頭のよい学者が考えそうないい例えですね。

 ただし、ヤマアラシの名誉のために付言すると、実際には針を差し合うようなことはしません。暖をとる時には針のない頭の部分を寄せ合うのです。残念! ショーペンハウアーは実際のヤマアラシの生態を見ずに、机上の想像だけでこの寓話を作ってしまったようです。

 とはいえ、適切な距離を図るのはシステム開発の中でも大切なポイントではないかと思います。新たなシステムを作るとき、まずは利用者のニーズや課題を聞いてシステムの機能を設計します。出来上がった仕組みが有効に使えるように、できるだけ多くの時間をかけてプランを練るのが従来の手法です。

 業務上失敗のできない仕組みはこのスタイルをとらざるをえないところがありますが、この従来手法の最大の弱点は最終的にその仕組みを使う人と作る人との距離にある気がします。その距離が「なんだ、この仕組みの使い勝手は悪いな」とか「もっとこういう仕組みだったらいいのに」という発言を生んでしまっているように思えるのです。

 一方で最近、そうではないシステム開発手法が注目されています。最初にプロトタイプ的なものを作り、使ってもらいながら見えてきた課題をチューニングしていくものです。利用者の協力と失敗に対する寛容な気持ちが必要にはなりますが、適切な距離が作れればお互いに納得しながら仕組みを作るので、結果として早く安くシステムができるというわけです。

 ANAでもアジャイルと呼ばれるこのスタイルの開発が少しずつですが、始まっています。実際のヤマアラシがそうであるように針でつつき合うのではなく、頭と頭で進めていきたいと思っています。

全日本空輸
イノベーション推進部 部長
野村泰一氏

※CIO賢人倶楽部が2021年8月1日に掲載した内容を転載しています。


●筆者プロフィール

CIO賢人倶楽部(CIOけんじんくらぶ)
http://cio-kenjin.club/
大手企業のCIOが多数参加するコミュニティ。企業におけるIT部門の役割やIT投資の考え方、CEOをはじめとするステークホルダーとのコミュニケーションのあり方、デジタルトランスフォーメーションに向けたこれからの情報システム戦略、IT人材の育成、ベンダーリレーション等々、さまざまな課題について本音ベースでディスカッションしている。

バックナンバー
オピニオン from CIO賢人倶楽部一覧へ
関連キーワード

全日本空輸 / システム開発 / プロジェクトマネジメント

関連記事

Special

-PR-

「ヤマアラシのジレンマ」から適切な距離感を学ぶ「CIO賢人倶楽部」は、企業における情報システム/IT部門の役割となすべき課題解決に向けて、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)同士の意見交換や知見共有を促し支援するユーザーコミュニティである。IT Leadersはその趣旨に賛同し、オブザーバーとして参加している。本連載では、同倶楽部で発信しているメンバーのリレーコラムを転載してお届けしている。今回は、全日本空輸 イノベーション推進部 部長の野村泰一氏によるオピニオンである。

PAGE TOP