[市場動向]

NEC、米AWSとグローバル5Gやデジタル政府などの領域で協業を拡大

2021年9月9日(木)IT Leaders編集部

NECは2021年9月8日、米Amazon Web Services(AWS)とグローバル5G、デジタル政府、ハイブリッドクラウドなどの領域で協業を拡大すると発表した。ユーザーのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する取り組みを開始するとしている。

 NECは2020年11月、米Amazon Web Servicesとコーポレートレベルの戦略的協業契約を締結した(写真1)。両社はこれまでオファリングメニューの共同開発やデリバリー体制の強化を進めてきた。今回、協業を拡大して、主に「グローバル5Gの連携」「デジタル政府」「ハイブリッドクラウド」の3領域で取り組みを強化する。

写真1:NECで執行役員常務を務める吉崎敏文氏(写真左)と、米Amazon Web ServicesでSenior Vice Presidentを務めるMatt Garman氏(写真右)写真1:NEC 執行役員常務の吉崎敏文氏(写真左)と、米Amazon Web Services Senior Vice PresidentのMatt Garman氏(写真右)
拡大画像表示

 取り組みの強化にあたって、NECグループはAWS認定資格保有者を現在2000人に増強している。協業開始時点は1500名で、これを3年間で倍増させることを目標にいている。「増員によって、クラウドプロジェクトに関して国内で最大規模のデリバリー体制を堅持している」(NEC)。

 グローバル5Gの連携では、NECのクラウドネイティブな5G関連製品・サービス(5Gモバイルコア、OSS/BSS、ローカル5Gなど)と、AWSのクラウドおよびエッジ関連サービスを組み合わせ、各種のオファリングメニューを開発し、グローバルで提供する。通信事業者のクラウド導入・移行や、ユーザー企業のDXの加速に貢献していくとする。

 デジタル政府領域について、NECは今回、AWSの政府機関コンピテンシーパートナーに認定された。2020年に開始した戦略的協業関係や、これまでの政府および公共機関向けの実績を踏まえたものという。今後、AWSとの協業関係をさらに強化し、デジタル政府のためのオファリングメニューの開発と提供に注力していく。

 ハイブリッドクラウドについて、両社の連携により、オンプレミスおよびクラウド環境を安全かつ高速・低遅延で接続するハイブリッドクラウド実現のためのオファリングメニューを開発・提供するとしている。

関連キーワード

NEC / AWS / 協業・提携 / 電子政府

関連記事

Special

-PR-

NEC、米AWSとグローバル5Gやデジタル政府などの領域で協業を拡大NECは2021年9月8日、米Amazon Web Services(AWS)とグローバル5G、デジタル政府、ハイブリッドクラウドなどの領域で協業を拡大すると発表した。ユーザーのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する取り組みを開始するとしている。

PAGE TOP