[新製品・サービス]

IIJ、セキュアWebゲートウェイを強化、URLフィルタリングエンジンを選択可能に

i-FILTERとInterSafe WebFilterからいずれかを選択

2021年9月29日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2021年9月29日、「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」の機能強化を発表した。Webアクセスを安全にするWebプロキシゲートウエイ機能をクラウド型で提供する。今回の機能強化では、同年10月1日からURLフィルタリング機能のエンジンに「InterSafe WebFilter」を選択できるようにした。既存の「i-FILTER」との二者択一になる。

画面1:InterSafe WebFilterのレポート画面(出典:インターネットイニシアティブ)画面1:InterSafe WebFilterのレポート画面(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 インターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」は、URLフィルタリングやウイルス対策といった、Webアクセスに必要なセキュリティ機能を提供するクラウド型Webプロキシサーバーである。

 Webにアクセスする際の経路を、同サービスを利用するように設定することで、Webアクセスの危険性を低減させる(関連記事IIJ、WebアクセスゲートウェイのURLフィルタリングを強化、ユーザー提供ログを活用)。

 今回、悪性サイトへのWebアクセスを遮断するURLフィルタリング機能を強化した。URLフィルタリングのエンジンとして利用する製品として、新たにアルプスシステムインテグレーションの「InterSafe WebFilter Ver.9」を選択できるようにした(画面1関連記事ALSI、「InterSafe WebFilter」のSSL監査機能を強化、F5 SSL Orchestratorとの連携をサポート)。

 これまでエンジンとして用いていたデジタルアーツの「i-FILTER Ver.10」との二者択一になる。ユーザーは、InterSafe WebFilterとi-FILTERのいずれかを選んで利用する(関連記事デジタルアーツ、URLフィルタリング「i-FILTER」新版でSSL可視化を強化)。

関連キーワード

IIJ / InterSafe WebFilter / i-FILTER / Webゲートウェイ

関連記事

Special

-PR-

IIJ、セキュアWebゲートウェイを強化、URLフィルタリングエンジンを選択可能にインターネットイニシアティブ(IIJ)は2021年9月29日、「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」の機能強化を発表した。Webアクセスを安全にするWebプロキシゲートウエイ機能をクラウド型で提供する。今回の機能強化では、同年10月1日からURLフィルタリング機能のエンジンに「InterSafe WebFilter」を選択できるようにした。既存の「i-FILTER」との二者択一になる。

PAGE TOP