[新製品・サービス]

商品棚から何の商品を取り出したかをAIで画像認識─キヤノンITSの「StoreMotion」

2021年10月27日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンITソリューションズは2021年10月27日、AI商品認識システム「StoreMotion」の提供を開始した。小売店舗において商品棚のカメラ映像から顧客が手にとった商品をリアルタイムに識別する。カメラ、画像処理PC、店舗への設置などを含めたパッケージとして販売する。商品の認識情報を活用したアプリケーション開発も請け負う。価格(税別)は、StoreMotionが10万円(カメラやPC、現地設置費用などが別途必要)。

 キヤノンITソリューションズの「StoreMotion」は、小売店舗において商品棚のカメラ映像から顧客が手にとった商品をリアルタイムに識別するAI画像認識ソフトウェアである。カメラ、画像処理PC、店舗への設置などを含めたパッケージとして販売する。商品の認識情報を活用したレジレス決済サービスやマーケティング分析、オンデマンドサイネージなどのアプリケーション開発も請け負う(図1)。

図1:AI商品認識システム「StoreMotion」の概要。商品棚を映したカメラ映像から、顧客が手にとった商品をリアルタイムに識別できる(出典:キヤノンITソリューションズ)図1:AI商品認識システム「StoreMotion」の概要。商品棚を映したカメラ映像から、顧客が手にとった商品をリアルタイムに識別できる(出典:キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 個々の商品を画像認識によって識別するほか、商品を棚から取り出す動作と、商品を棚に戻す動作を認識する。取り出した位置と違う場所に商品を戻しても、その商品を棚に戻したことを正しく認識する。これにより、どの商品を棚から取り出して手元に置いているのかが分かる。商品は商品の画像で識別するため、運用途中で商品のレイアウトを変更しても問題なく利用できる。

 画像認識に、レンズ2個のステレオカメラを用いる。それぞれの映像の視差から、対象物までの距離がミリメートル単位で算出。どの商品を取り出したか(戻したか)だけでなく、棚の何段目のどの位置から商品を取り出したか(または何段目のどの位置に商品を戻したか)まで分かる。

 StoreMotionが出力するデータは、どの棚のどの位置からどの商品を取ったのかという基本データである。これをCSVファイルとして出力できるほか、クラウドサービスなどの外部システムに通知するインタフェースも備えている。

 専用のアプリケーションを用いて、実際に商品を取り出した際の画像をいくつか選択して商品の登録を行う。1つの商品を登録に要する時間は5分程度という。

 価格(税別)は、StoreMotionのライセンスが10万円。都度見積もりで、カメラとカメラ接続ケーブル(USB接続)が5万円程度、画像解析用PCが20万円程度である。画像処理PC1台で、2台までのカメラを利用できる。このほかに、現地設置費用などが必要になる。

関連キーワード

キヤノンITソリューションズ / StoreMotion / 画像認識 / 小売 / 店舗

関連記事

Special

-PR-

商品棚から何の商品を取り出したかをAIで画像認識─キヤノンITSの「StoreMotion」キヤノンITソリューションズは2021年10月27日、AI商品認識システム「StoreMotion」の提供を開始した。小売店舗において商品棚のカメラ映像から顧客が手にとった商品をリアルタイムに識別する。カメラ、画像処理PC、店舗への設置などを含めたパッケージとして販売する。商品の認識情報を活用したアプリケーション開発も請け負う。価格(税別)は、StoreMotionが10万円(カメラやPC、現地設置費用などが別途必要)。

PAGE TOP