[市場動向]

NECと日本オラクル、基幹Oracle DBのクラウド移行サービスの拡充で協業

NECはOracle Cloud有資格者を500人規模に強化

2021年10月28日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECと日本オラクルは2021年10月28日、クラウド領域での協業を強化すると発表した。基幹システムのクラウド移行とその後の運用のためのサービスを拡充する。Oracle Cloudを用いたシステム構築、運用サービス、保守サポートの全工程において、各種のニーズに応えるサービスを共同で開発して提供する。これに伴い、NECはOracle Cloudの有資格者を今後2年で500人規模に拡大する。

 NECと日本オラクルは、クラウド領域での協業を強化する(写真1)。基幹システムのクラウド移行とその後の運用のためのサービスを拡充する。Oracle Cloudを用いたシステム構築、運用サービス、保守サポートの全工程において、各種のニーズに応えるサービスを共同で開発して提供する。

 1つ目の取り組みとして、基幹システムで使っているOracle DatabaseをOracle Cloudに移行するサービス(アセスメントサービス、データベース移行サービス)を共同で開発した。NECは、移行ツールを活用してクラウドへの移行を支援する。移行の設計にかかる時間を半減し、移行作業時間を3割減らせるとしている。今後は、データベースの運用サービスも提供する予定である。

 2つ目として、セキュリティと可用性を保ったデータベース環境を提供する。可用性については、ベストプラクティスである「Oracle Cloud Maximum Availability Architecture」(Oracle Cloud MAA)を検証し、ハイブリッドおよびマルチリージョンでの高可用性リファレンスアーキテクチャを構築済み。今後、同アーキテクチャを反映した高可用性サービスを提供していく。

 3つ目として、サービスを支える人材と体制を強化する。NECは、Oracle Cloudの有資格者を今後2年で500人規模に拡大する。この一部は、既に知見を持っている専門人材が中心となり、Oracle Cloud CoE(Center of Excellence)としてデータベースのクラウド移行からクラウド上でのシステム構築・運用まで一貫してサービスを提供する。

 体制の強化ではまた、基幹システムのサポートで実績があるNECの「Joint Support Center」を、クラウド領域に拡大し、Oracle Cloudの保守対応を強化する。具体的には、NECのサポート担当技術者が日本オラクルに常駐し、協働で調査を実施する。障害時の調査方針を検討し、原因を特定し、問題事象を早期に解決する。

写真1:日本オラクル取締役執行役社長の三澤智光氏(写真左)と、NEC執行役員常務の吉崎敏文氏(写真右)(出典:NEC、日本オラクル)写真1:日本オラクル取締役執行役社長の三澤智光氏(写真左)と、NEC執行役員常務の吉崎敏文氏(写真右)(出典:NEC、日本オラクル)
関連キーワード

NEC / Oracle Cloud / Oracle / 協業・提携 / クラウド移行 / Oracle Database / 基幹システム

関連記事

Special

-PR-

NECと日本オラクル、基幹Oracle DBのクラウド移行サービスの拡充で協業NECと日本オラクルは2021年10月28日、クラウド領域での協業を強化すると発表した。基幹システムのクラウド移行とその後の運用のためのサービスを拡充する。Oracle Cloudを用いたシステム構築、運用サービス、保守サポートの全工程において、各種のニーズに応えるサービスを共同で開発して提供する。これに伴い、NECはOracle Cloudの有資格者を今後2年で500人規模に拡大する。

PAGE TOP