[新製品・サービス]

セゾン情報システムズ、HULFTを活用したINSネット代替サービス、主に金融機関向けに提供

2022年1月27日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セゾン情報システムズは2022年1月27日、INSネット代替サービス「HULFT Multi Connect Service(ハルフト マルチコネクトサービス)」を発表した。同年2月1日から提供する。PCI DSSに準拠しながらインターネット環境でデータを転送するサービスである。主に金融業に向けて、INSネットディジタル通信モード終了(2024年1月)にともなう代替サービスとして提供する。価格(税別)は、月額100万円から。

 HULFT Multi Connect Serviceは、取引先とのファイル転送をインターネットで安全に行えるようにするEDI(電子データ交換)ゲートウェイサービスである(図1)。主に金融業に向けて、INSネットディジタル通信モード終了(2024年1月)にともなう代替サービスとして提供する。

図1:HULFT Multi Connect Serviceの概要(出典:セゾン情報システムズ)図1:HULFT Multi Connect Serviceの概要(出典:セゾン情報システムズ)
拡大画像表示

 特徴の1つは、クレジットカード業界のセキュリティガイドラインであるPCI DSSに準拠したこと。これまでのインターネットを経由したEDIは、セキュリティ対策が不十分だったと指摘する。これに対してHULFT Multi Connect Serviceは、HULFTの活用(TLS接続やAESデータ暗号など)によってセキュリティを確保しているとアピールする。

 もう1つの特徴は、NTTデータが提供する金融機関向けファイル伝送サービス「AnserDATAPORT(Connecure)」への接続機能を持つこと(図2)。HULFT Multi Connect Serviceを介して、AnserDATAPORTに接続している提携先金融機関とファイルをやり取り可能である。

図2:HULFT Multi Connect Serviceに接続可能なプロトコル(出典:セゾン情報システムズ)図2:HULFT Multi Connect Serviceに接続可能なプロトコル(出典:セゾン情報システムズ)
拡大画像表示

 なお、NTT東西における「ISDN契約者数(事務用)」は、164万回線(2020年度末時点)存在している。「INSネットディジタルモード終了への対応が今後本格的に加速する」(セゾン情報システムズ)としている。

関連キーワード

セゾン情報システムズ / HULFT Multi Connect Service

関連記事

Special

-PR-

セゾン情報システムズ、HULFTを活用したINSネット代替サービス、主に金融機関向けに提供セゾン情報システムズは2022年1月27日、INSネット代替サービス「HULFT Multi Connect Service(ハルフト マルチコネクトサービス)」を発表した。同年2月1日から提供する。PCI DSSに準拠しながらインターネット環境でデータを転送するサービスである。主に金融業に向けて、INSネットディジタル通信モード終了(2024年1月)にともなう代替サービスとして提供する。価格(税別)は、月額100万円から。

PAGE TOP