[市場動向]

りそなHD、デジタルバンキング基盤の推進で新会社「FinBASE」、NTTデータと日本IBMが出資

2022年2月7日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

りそなホールディングス(りそなHD)は2022年2月7日、同社が提供するデジタルバンキング基盤の推進を目的とした新会社「FinBASE株式会社」を設立すると発表した。出資比率は、りそなHD80%、NTTデータ10%、日本IBM10%で、資本金1億円で同年4月1日に設立する。新会社は、デジタルバンキング基盤を利用する参加者の開拓や、市場調査などを手がける。

 りそなHD、同社が提供する“金融デジタルプラットフォーム”(デジタルバンキング基盤)の推進を目的とした新会社「FinBASE株式会社」を設立する(図1)。出資比率は、りそなHD80%、NTTデータ10%、日本IBM10%で、資本金1億円で2022年4月1日に設立する。新会社は、デジタルバンキング基盤を利用する参加者の開拓や、市場調査などを手がける。

図1:りそなホールディングスが推進する金融システムサービス基盤の概要(出典:りそなホールディングス、NTTデータ、日本IBM)図1:りそなホールディングスが推進する金融システムサービス基盤の概要(出典:りそなホールディングス、NTTデータ、日本IBM)
拡大画像表示

  りそなHDは現在、NTTデータおよび日本IBMとともに、金融サービスのオープンプラットフォーム化に取り組んでいる。複数の金融機関や外部企業をつなぐハブとなり、金融サービスをAPI連携などを通じて簡単に地域金融機関などに提供可能なデジタルバンキング基盤である。3社が共同で同基盤事業を推進していくべく、今回新会社を設立した。

  デジタルバンキング基盤事業の意義について同社は、「従来の枠組みにとらわれず、様々な企業が利用可能な、オープンなプラットフォームの提供を目指す」としている。地域金融機関や一般企業などは、デジタルバンキング基盤の活用によって、革新的な技術を持つ企業の多種多様なサービスを容易に利用できるようになる、としている。また、FinTech企業にとっては、自社の機能やサービスを地域金融機関などの参加者を通じて日本全国に届けられるようになる。

 新会社の概要は、表1の通り。

表1:合弁会社の概要(出典:りそなホールディングス、NTTデータ、日本IBM)
会社名 FinBASE株式会社(英文「FinBASE Co., Ltd.」)
本社所在地 東京都江東区木場1丁目5番25号 深川ギャザリアタワーS棟11階
資本金 1億円
株主 りそなHD80%、NTTデータ10%、日本IBM10%
設立予定日 2022年4月1日
事業内容 プラットフォーム参加者の開拓、情報収集および市場調査など
関連キーワード

りそなホールディングス / FinBASE / NTTデータ / IBM / 協業・提携 / 金融 / 銀行 / FinTech / りそな銀行

関連記事

Special

-PR-

りそなHD、デジタルバンキング基盤の推進で新会社「FinBASE」、NTTデータと日本IBMが出資りそなホールディングス(りそなHD)は2022年2月7日、同社が提供するデジタルバンキング基盤の推進を目的とした新会社「FinBASE株式会社」を設立すると発表した。出資比率は、りそなHD80%、NTTデータ10%、日本IBM10%で、資本金1億円で同年4月1日に設立する。新会社は、デジタルバンキング基盤を利用する参加者の開拓や、市場調査などを手がける。

PAGE TOP