[市場動向]

クラウドインテグレーターのBeeXが上場、SAP S/4HANAなど基幹システムのクラウド移行に注力

2022年3月8日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

テラスカイの子会社でクラウドインテグレーターのBeeX(ビーエックス)は2022年2月24日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場した。同社は同年3月8日、オンラインで同社の事業内容を説明した。特徴は、SAP S/4HANAへの移行支援など、基幹システム分野に注力している点である。基幹データベースを分析するためのデータ基盤の構築やBIツールの導入支援も手がける。

 BeeX(ビーエックス)は、テラスカイが子会社として設立したクラウドインテグレーター(CIer)である。マルチクラウド環境のコンサルティングと環境構築、メガクラウド(AWS/Azure/Google Cloud)の請求代行、クラウドの運用代行、などのSIサービスを提供する。特徴は、SAP S/4HANAへの移行支援など、基幹システムのクラウド移行ニーズに注力していることである(図1)。

図1:SAP S/4HANAへの移行支援など、基幹システムのクラウド移行ニーズに注力している(出典:BeeX)図1:SAP S/4HANAへの移行支援など、基幹システムのクラウド移行ニーズに注力している(出典:BeeX)
拡大画像表示

 SAP ERPからの移行では、ユーザーのニーズに合わせて各種の方法で移行する。例えば、S/4HANAの機能を利用した新規構築(グリーンフィールド)、既存のアプリケーションをそのままS/4HANA向けに変換して移行するコンバージョン(ブラウンフィールド)、さらにS/4HANA以外のERPへの乗り換え、などを使い分ける。

 S/4HANAを動作させるシステム基盤も自由に選べる。SAPのクラウドサービスであるS/4HANA Cloud(RISE With SAP)のほか、各種IaaSや任意のデータセンターに環境を構築するS/4HANA On Premiseが選べる。

 SAP HANAデータベースのデータを分析する基盤の構築も手がける(図2)。DWHの構築や、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの導入支援などを提供する。

図2:基幹システムのデータを分析するデータ分析基盤を構築するサービスも提供する(出典:BeeX)図2:基幹システムのデータを分析するデータ分析基盤を構築するサービスも提供する(出典:BeeX)
拡大画像表示

 クラウドネイティブな業務アプリケーション開発のための開発環境もクラウド上に構築して提供する。コンテナ運用環境やCI/CD環境をクラウド上に構築して提供する。ユーザーの開発チームと共同でアプリケーション開発も実施する。ユーザーによるアプリケーション内製化も支援する。

関連キーワード

BeeX / テラスカイ / CIer / クラウド移行 / SAP / S/4HANA

関連記事

Special

-PR-

クラウドインテグレーターのBeeXが上場、SAP S/4HANAなど基幹システムのクラウド移行に注力テラスカイの子会社でクラウドインテグレーターのBeeX(ビーエックス)は2022年2月24日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場した。同社は同年3月8日、オンラインで同社の事業内容を説明した。特徴は、SAP S/4HANAへの移行支援など、基幹システム分野に注力している点である。基幹データベースを分析するためのデータ基盤の構築やBIツールの導入支援も手がける。

PAGE TOP