[事例ニュース]

日本製鉄、AIで熟練作業者の作業状況を可視化、製鉄所での重機操業作業で検証

2022年3月10日(木)IT Leaders編集部

日本製鉄は2022年3月9日、製鉄現場の重機操業における効率的な技能伝承を実現するため、熟練作業者の作業状況を可視化するデータ解析基盤を構築したと発表した。同年2月から、同社東日本製鉄所君津地区で検証を行っている。

 大手鉄鋼メーカーの日本製鉄(本社:東京都千代田区)は、製鉄現場の重機操業における効率的な技能伝承を目指し、熟練作業者の作業状況を可視化するデータ解析基盤を構築した。2022年2月から、同社東日本製鉄所君津地区(千葉県君津市)で検証を行っている。

 製鉄製造現場では、溶けた鉄の成分や品位を調整する際に発生するスラグを、重機を操作して分離している。1000度を超える高温溶融物を扱う作業であるため、作業員は現場に設置したカメラで確認しながら遠隔操作で作業を実施している(図1)。

図1:製鉄プロセスにおけるスラグ分離作業イメージ(出典:日本製鉄)図1:製鉄プロセスにおけるスラグ分離作業イメージ(出典:日本製鉄)

 高温溶融物の状況が変化する中で的確に作業を実施するためには、作業員の知識・経験に基づく判断が重要である。効率的に技能伝承を進めるためには、実作業の指標化や、熟練作業員のスキル・ノウハウを形式知化することが必要になる。

 日本製鉄は、エクサウィザーズの「exaBase ロボティクス」を用い、現場の各種データを連携し、現状作業の可視化を図った。センサーデータ(重機の操業位置、速度など)、動画データ(スラグ分離作業の状況、溶融物の状態など)、操業情報(処理日時、作業者情報など)などのデータを用いる。

 exaBase ロボティクスは、利用者にAIやプログラミング知識がなくても、利用状況に合わせて各種ロボットに動作を学習・実行させられるサービス。単純作業の代替や熟練者の動作再現などのシーンに向く。

 作業員の熟練度合いを解析し、勤続10年以上の作業員が持つ操業技術を可視化し、新人作業員でも熟練作業員と同等の操業が行えるようにする。熟練度に関わらず作業を均質化できるように、東日本製鉄所君津地区にて取り組みを継続する。

関連キーワード

日本製鉄 / 製造 / エクサウィザーズ / 千葉県

関連記事

Special

-PR-

日本製鉄、AIで熟練作業者の作業状況を可視化、製鉄所での重機操業作業で検証日本製鉄は2022年3月9日、製鉄現場の重機操業における効率的な技能伝承を実現するため、熟練作業者の作業状況を可視化するデータ解析基盤を構築したと発表した。同年2月から、同社東日本製鉄所君津地区で検証を行っている。

PAGE TOP