[新製品・サービス]

NTT Com、デジタル社員証「Smart Me」を強化、QRコードで社員であることを証明可能に

2022年6月27日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2022年6月27日、デジタル社員証「Smart Me」に、会社に所属していることをQRコードで証明する機能を追加した。Smart Meは、社員証をスマートフォンアプリケーションにするデジタル社員証システムである。これまでは、ICカード型社員証の代わりに入退出時の認証に使える機能を提供してきた。今回新たに、所属確認を求める相手に対して自身の所属を簡単に証明できる機能を追加した。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の「Smart Me」は、社員証をスマートフォンのアプリケーションで代替する、デジタル社員証システムである。ICカード型社員証と同等の入退館機能を提供する(関連記事NTT Com、入館証スマホアプリ「Smart Me」、専用リーダーに手をかざすだけでBLEで認証)。

 ICカードによる入退室機能を代替する。Smart Meと連携可能な入退室・入退館システムとセットで導入することで、タッチレスで扉やゲートを開けられる。専用のリーダーに手をかざすと、Smart MeのアプリケーションをインストールしたスマートフォンとリーダーがBluetooth(BLE)で通信し、扉やゲートを開ける仕組み。

図1:デジタル社員証「Smart Me」に、QRコードによる所属確認機能を追加した(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:デジタル社員証「Smart Me」に、QRコードによる所属確認機能を追加した(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 今回、新機能として、会社に所属していることをQRコードで証明する機能を追加した(図1)。所属確認を求める相手に対して、自身の所属を簡単に証明できるようになった。デジタル社員証の利用者は、アプリケーション上に表示したQRコードを、所属確認を求める相手に提示する。相手が専用のアプリケーションでQRコードを読み取ると、あらかじめ登録してある情報と読み取った情報を突合し、利用者の所属を証明する。

 同機能で扱う情報は、ブロックチェーン上に登録する。これにより、データの改竄を防ぐ。また、利用者が提示するQRコードは、一定時間で読み取れなくなる。このため、QRコードのコピーによるなりすましが困難である。これらの特徴により、信頼性の高い所属確認が可能だとしている。

 利用シーンとして、夜間のオフィス入館に伴う、警備員による社員確認を挙げている。社員が提示するQRコードを警備員が読み取ることで、社員であることを確認できる。スマートフォンを社員が紛失しても、専用サイト上の設定だけで即座に無効化可能である(図2)。

図2:QRコードによる所属確認機能の利用シーン(出典:NTTコミュニケーションズ)図2:QRコードによる所属確認機能の利用シーン(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示
関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / QRコード / 本人認証

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、デジタル社員証「Smart Me」を強化、QRコードで社員であることを証明可能にNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2022年6月27日、デジタル社員証「Smart Me」に、会社に所属していることをQRコードで証明する機能を追加した。Smart Meは、社員証をスマートフォンアプリケーションにするデジタル社員証システムである。これまでは、ICカード型社員証の代わりに入退出時の認証に使える機能を提供してきた。今回新たに、所属確認を求める相手に対して自身の所属を簡単に証明できる機能を追加した。

PAGE TOP