[新製品・サービス]

NTTデータGSL、SAP Sales Cloudの導入とS/4HANAとのデータ連携を支援するSIサービス

2022年6月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2022年6月29日、「Integration Package for SAP Sales Cloud」を提供開始した。クラウドSFA(営業支援)アプリケーション「SAP Sales Cloud」の導入と、クラウドERPアプリケーション「SAP S/4HANA Cloud」のデータ連携を支援するサービスである。営業プロセスと基幹業務プロセスの連携を実現する。

 NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)の「Integration Package for SAP Sales Cloud」(以下、Integration Package)は、クラウドSFA(営業支援)アプリケーション「SAP Sales Cloud」の導入と、クラウドERPアプリケーション「SAP S/4HANA Cloud」とのデータ連携を支援するSIサービスである。

 S/4HANA Cloudで管理している業務プロセスデータ(顧客や製品などのマスターデータや、受発注のトランザクションデータ)と、Sales Cloudで管理している営業活動に関するデータを連携させる。こうして、基幹業務プロセスと営業プロセスの連携を実現するとしている。

 データ連携の仕組みとして、S/4HANAのアプリケーション開発プラットフォーム「SAP Business Technology Platform」の標準機能である「Integration Suite」を利用する。アプリケーションを同プラットフォーム上で開発し、これをS/4HANAとプロセス連携させる。

 Integration Packageの導入期間は、最短12週間から。初期導入費用(税込み)は1700万円から。なお、同サービスの利用には別途、Sales CloudとBusiness Technology Platformのライセンスが必要。Sales Cloud(5ユーザー)とBusiness Technology Platform(1テナント)の場合、月額30万円から利用可能である。

関連キーワード

NTTデータGSL / SAP Sales Cloud / S/4HANA / S/4HANA Cloud / SI / SFA / SAP / 基幹システム

関連記事

Special

-PR-

NTTデータGSL、SAP Sales Cloudの導入とS/4HANAとのデータ連携を支援するSIサービスNTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2022年6月29日、「Integration Package for SAP Sales Cloud」を提供開始した。クラウドSFA(営業支援)アプリケーション「SAP Sales Cloud」の導入と、クラウドERPアプリケーション「SAP S/4HANA Cloud」のデータ連携を支援するサービスである。営業プロセスと基幹業務プロセスの連携を実現する。

PAGE TOP