[新製品・サービス]

ソフト技研、Salesforceログインを多要素認証にする「YubiOn for Salesforce」

2022年8月3日(水)IT Leaders編集部

ソフト技研は2022年8月1日、多要素認証ログインサービス「YubiOn for Salesforce」を提供開始した。Salesforce環境へのログインを多要素認証で行うためのサービスで、Salesforce AppExchangeから提供する。価格(税別)は1ユーザーあたり年額3600円で、10ユーザー単位で販売する。

 ソフト技研の「YubiOn for Salesforce」は、Salesforce環境へのログインを多要素認証で行うためのサービスである。ID/パスワードに、認証デバイス「YubiKey」を用いたワンタイムパスワードを組み合わせた多要素認証を実現する(図1)。

図1:YubiOn for Salesforceの概要(出典:ソフト技研)

 ワンタイムパスワードの認証サーバーはクラウドから提供し、別途認証サーバーを構築する必要がない。また、ワンタイムパスワード機能はYubiKey購入時に設定済みで、YubiKeyのセットアップなどを行うことなく直ちに利用できる。

 ユーザーのPCは、YubiKeyのワンタイムパスワード機能をキーボードデバイスとして認識する。このため、USBデバイスの制限やリモート接続によってFIDOセキュリティキーの通信が行えない場合にも有効となる。

 管理者は、管理機能を使って、YubiKeyの登録・編集・削除やユーザーの割り当てなどを行う。バックアップの目的で1ユーザーに複数の認証デバイスを割り当てるといった管理も可能である。

関連キーワード

ソフト技研 / Salesforce / YubiKey / 多要素認証 / SaaS

関連記事

Special

-PR-

ソフト技研、Salesforceログインを多要素認証にする「YubiOn for Salesforce」ソフト技研は2022年8月1日、多要素認証ログインサービス「YubiOn for Salesforce」を提供開始した。Salesforce環境へのログインを多要素認証で行うためのサービスで、Salesforce AppExchangeから提供する。価格(税別)は1ユーザーあたり年額3600円で、10ユーザー単位で販売する。

PAGE TOP